PC
ブラウザゲーム
特集

2016-09-06 15:25:31

千年戦争アイギスのテクニック「差し込み」とは?

この記事に関連するゲーム

千年戦争アイギス
通常版と18禁版があるDMMの人気本格タワーディフェンスRPG!

差し込みって何?

千年戦争アイギスでは決まった場所に強化したユニットを配置して、敵を迎撃するタワーディフェンス系のゲームです。

同時に敵の数も様々なバリエーションがあり、「初めて見る敵」には用心しなければなりません(もしかすると超火力かもしれない、実は遠距離攻撃を持っているかもしれないぐらいを想定しましょう)。

今回は千年戦争アイギス初心者でもすぐに使えるテクニック「差し込み」について解説します。

「差し込み」とは、敵ユニットの目の前に直接近接ユニットを配置するやり方の事であり、しばらく足止めしたい厄介な攻撃を持つ敵や、敵の足並みを崩す事もできるテクニックです。

差し込みのやり方

aig1

例として大量の雑魚と一緒に大型モンスターがこちらに迫っているとします。

こちらのユニットは何とか雑魚を処理するのに手一杯なのに「あんな協力なモンスターまで相手にする余裕が無い」となった時に「差し込み」が有効なテクニックとなります。

aig2

方法は簡単近接ユニットを大型モンスターの目の前に配置して足止めする、これが「差し込み」です。

この差し込みで設置したユニットが足止めしている間に、他のモンスターを倒してしまう事ができれば安全に大型モンスターを迎撃する準備が整います。

ただし、差し込みで設置したユニットはいつまでも配置せず、頃合を見計らって撤退させましょう。差し込みで設置したユニットが万が一敗走すると、クリア後の評価に関わってしまうからです(同時に出撃可能ユニット数の枠を潰しているため)。

また、差し込みする時に「敵ユニットが重なっていてタイミングが…」という時もありますが、千年戦争アイギスの仕様上で敵が重なっている所へ差し込みをすると、出現順番が後から出現した敵を相手にしますので、狙いたい相手が出たタイミングを覚えておきましょう。

差し込みに向いているユニットは?

差し込みに使いやすいユニットですが、以下の条件を満たしているユニットが理想です。

・ブロック数が1:ブロック数が多いユニットだと他のモンスターまで相手にしてしまい、被弾が増えてしまいます。あくまで止めたいモンスターをピンポイントで止めるためにブロック数は1のユニットが良い。

・低コスト:差し込みは基本的に厄介な敵を足止めできれば良いが、出撃コストをやはり使うので低コストユニットのほうが良い。もちろんですが、合成継承で強化もしておく事で低コストであってもかなり粘ってくれるようになります。

・トークンユニット:トークンユニットと呼ばれる使い捨て感覚で使えるユニットを味方ユニットの中には使用可能な者もいます。これらのユニットは敗走してもクリア後の評価に影響が出ないのですが、トークンユニットを出撃させる時もコストは使いますし、何よりもトークンユニットを持ったユニットは数える程度しかいません(近接系トークンユニット持ちは、陰陽師ミコト、死霊魔術師系ユニットが持っている)。

aig3

差し込みにオススメなユニットはローグ系のユニットであり、その理由は低コストでありながらクラス特性として「敵からの物理攻撃を避けることがある」ため、思っている以上に粘ってくれる事があるからです。

ただし、暗殺等は成功率が低く、スキルを使うまで粘るのは難しいため、早めに撤退させる判断も王子には必要になってきます。

aig4

また、ワルキューレも攻撃力が高く、限界までコストを下げれば差し込み要員にする事もできます。

差し込みをうまく決める事で敵を分断し、戦いを勝利に導く事もできますので、高難易度のクエストでは必須テクニックにもなります。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事