MMORPG
特集

2017-04-28 14:50:59

千年戦争アイギス~緊急ミッション「奪われたグリモワール」でデモンサモナーを仲間にできる!~

この記事に関連するゲーム

千年戦争アイギス
通常版と18禁版があるDMMの人気本格タワーディフェンスRPG!

画像1

◆アイテムを集めてデモンサモナーを手に入れよう

千年戦争アイギスでは2017年4月27日~5月11日までの2週間に渡って緊急ミッション「奪われたグリモワール」を開催中です。今回の緊急ミッションではデモンサモナーの「悪魔召喚士ヴェルティ」を仲間にできるチャンスです。
入手方法はイベントマップ内でドロップするアイテム「グリモワールの書片」を集め、イベント終了時の所持数に応じて悪魔召喚士ヴェルティの強さが変化して仲間になるというものです。また2週間のイベントであるため後半にはマップが追加され、よりグリモワールの書片を集めやすくなります。

画像2

◆悪魔召喚士ヴェルティとは

今回のイベントで仲間になる悪魔召喚士ヴェルティはクラスがデモンサモナーです。このクラスはかなり特殊ですが非常に強力なクラスになります。デモンサモナーは自身の攻撃範囲内の敵に継続ダメージを与える遠距離ユニットで大量の敵に対してとても効果的なクラスです。ただし防御もHPも低めなため敵の遠距離ユニットには気をつける必要があります。
今回のイベントでは悪魔召喚士ヴェルティが仲間になるのはイベント後になるため固有の能力の詳細はイベント終了後までわかりませんが、スキル情報などいくつか情報が出ています。
スキルは「魔力集中」、射程が短くなる代わりに攻撃力と防御力が上がるスキルです。まだ効果量がわからないのでなんとも言えませんがデモンサモナーにとって射程が短くなると攻撃範囲がかなり狭くなるため結構な痛手になってしまいます。ただしその分防御が上がるため敵の近くに配置しやすくなるため、倍率次第では十分使えそうです。またスキル抜きでもクラス自体が強く、他のデモンサモナーはガチャからしか入手できないため手に入れて使用感を試すのをおすすめします。

◆グリモワールの書片を集めよう

イベントアイテム「グリモワールの書片」を集めるのが今回のイベントの目的になります。集めることで仲間になる悪魔召喚士ヴェルティが強くなるのはもちろんですが、更に集めたグリモワールの書片が一定数に達するごとにその時点でアイテムがプレゼントボックスに送られます。このアイテムも良いものが揃ってるので悪魔召喚士ヴェルティを入手するつもりがなくてもある程度グリモワールの書片を集めることをおすすめします。
イベント終了時の悪魔召喚士ヴェルティはグリモワールの書片の数に応じてコスト、スキルレベル、ユニットレベルが変わります。最大は1400でコスト-5、スキルレベル10、ユニットレベル50となりますがスキルレベルとユニットレベルは比較的上げやすいためコストが最大まで下がる1200をまずは目標とするのをおすすめします。
その場で手に入る報酬には各種精霊や経験値ユニットに加えて確率でコストが下げられる絆の精霊も手に入ります。この絆の精霊は同ユニット合成と同じ確率でコストが下げられるので同ユニットの入手がしづらいガチャ産のユニットに使うのがおすすめです。当然最初のコスト下げは確定で下げることができます。

 

◆前半ステージを簡単に説明

現時点では後半が始まっていないため前半のマップに関して簡単に説明していきます。
今回のイベントでは前半の中級と上級のマップが吹雪マップになっています。一定時間ごとに吹雪が吹き出してユニットの射程が下がってしまい、一部敵ユニットが強化されます。この吹雪は風水師系クラスを出撃させることで吹雪の時間を短くできる他にレンジャーなどの一部ユニットは射程が短くならずに済むのでこれらのユニットを活用すると少し楽になります。
超級では魔界マップになります。魔界では味方の攻撃力と防御力が半減してしまうためそのままではかなり厳しい戦いになります。魔界は覚醒王子を配置することで半減効果を無効化できるため覚醒王子を出せる糸はぜひ出しましょう。また交換所に居る「白の皇帝」を配置することでも覚醒王子と同じ効果を発揮するのでまだ覚醒王子を手に入れていない人も白の皇帝を使うことでかなり戦いやすくなります。
敵は神級以外では遠距離の範囲攻撃に気をつけつつ戦うといいでしょう。逆に神級では遠距離ユニットの使い方が鍵になります。

◆後半に向けて

今回はまだ後半が始まってないので前半のマップを簡単に説明しただけですが、基本的に後半の神級マップがグリモワールの書片を集めるために最高の効率になると思われます。結晶を割ってでも集める場合は前半はカリスマには割らずにスタミナに結晶を使い最後の方に足りない分に結晶をカリスマ分を含めて使っていくのをおすすめします。この形式ではフルスペックでユニットをとるのはなかなか大変なので最低限コストを下げるのを目標にすると良いと思います。

 

画像3

 

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事