MMORPG
特集

2017-04-28 11:10:53

2Dドットの可愛いオンラインゲーム「アルフヘイムの魔物使い」始めるなら今かも

この記事に関連するゲーム

「アルフヘイムの魔物使い」ドット絵&ターン制バトルの最強懐かしゲーム!これはおすすめだ!!
「アルフヘイムの魔物使い」ドット絵&ターン制バトルの最強懐かしゲーム!これはおすすめだ!!

アルフヘイムの魔物使い

すでに公開されてポピュラーになっています、アルフヘイムの魔物使いです。
何と言ってもキャラクターの可愛さと、今どき珍しい2Dドットのキャラでの冒険が特徴です。キャラ絵もどれをとっても可愛いので、見ているだけでも癒しの空間になります。

キャプチャ1

さて主人公は新人の魔物使いです。魔物を使って依頼をこなしていくと言う、まあ非常にRPGらしい設定になっています。
しかしここで気をつけなくてはいけないのが、あくまでも主人公が魔物使いだと言う事です。つまり殆どのRPGと違って主人公が強いのではなく、強い魔物を仲間にする必要があると言う事です。
育成は主人公ではなく魔物に行われるのを忘れると、結果無残なことになりますので注意が必要です。
とにかく主人公は死なないことが第一の目標ですので、出発は物理職がおすすめです。魔法職の場合HPが低いので、生き残りが難しいと言うわけです。
何しろPTで一番弱いのが主人公だと言う、いささか悲しい現実がこのゲームなのです。
まあちょっと無理をすれば、主人公を強化することも出来ますが、実際やっている人もいるのですが、あくまでも趣味でやるのがいいでしょう。
正直初期クエストのPTを募集した場合も、新人さんが魔法職で参加すると周りの目が少々冷たくなってしまうので注意です。

 

魔物について

肝心の魔物ですが、こちらはよくある召喚で集めます。
召喚方法は主なところで6種類あります。最もベーシックな召喚方法は、モンスターを倒した時にドロップする可能性のある魔石での召喚です。
勿論と言ってはなんですが、この方法だとノーマル魔物しか手に入りませんので、上位魔物の餌としてしか使えなくなります。
強い魔物は、課金やイベントで手に入る何種類かの魔石で行います。確実に目的の魔物が手に入ると言うわけにはいかないのは、まあこの手のゲームのお約束です。

現在魔物のランクは、ノーマル、R、SR、SSR(覚醒)、URとなっています。
奥地のダンジョンに行くには最低でもSRの魔物が必要になってきますので、出来るだけ早く手に入れたいところです。
この上位の魔物が手に入るまでに、ノーマルやR魔物を育てておいてそれを後にSRやSSRと合体させて、スキルなどの強化を図る方法もありますので、お目当ての魔物が手に入るまでは下位の魔物を育てておくのも、その後の育成に役立ちますので力を入れておきましょう。
また現在1日1回、上位魔物が手に入る召喚が無料で行えますので、始めるなら今がチャンスかもしれません。
キャプチャ

まとめ

ちなみにこのゲーム、ログインボーナスで召喚石がもらえたりするのですが、このログインの日にちがインしなくても加算されると言う親切仕様です。
つまり登録してキャラを作って、その後放置してしまっても日数が経てば召喚石がプレゼントされるので、何時でも再開することも可能です。
何となく久しぶりにログインして、貰った召喚石で召還したらURが出た、と言う人が結構いるので次はあなたかもしれません。

正直移動やPT募集に時間のかかるゲームですので、のんびりゲームしたい人におすすめです。ワンクリックで自動的に戦闘と言うゲームに慣れている人には、いささかまだるっこしいかもしれません。
また武器防具の強化にも、結構手間を取られますし素材集めにも時間がかかります。募集チャットで売り手を探すことも出来ますが、やはり短い時間でゲームしたいと言う人にはちょっときついかもしれません。
キャラもゲーム内の雰囲気も、ある意味とても癒し系のゲームですので、焦らずゆったりと楽しむのが一番のゲームと言う事ですね。
心が荒れた時など、アルフヘイムで一息つくと心癒される感がします。せわしない世の中、ゲーム内だけでもゆったりとしてみませんか。

  • おすすめ特集記事