PC
MMORPG
特集

2017-05-05 17:19:46

エンジェル戦記、可愛くてシビアで会話も楽しめるゲーム

この記事に関連するゲーム

af_550x330

エンジェル戦記
日本オリジナルのNPCイラストが実装!総勢19名のイラストレーターから気分や好みにあわせてNPCイラストをカスタマイズ!

・エンジェル戦記ってどんなゲーム?

ブラウザゲーム全盛の現在加えて3D当たり前のオンラインゲーム時代ですが、ダウンロードゲームでしかも2Dキャラがサクサク動くと言う、希少価値のあるゲームがエンジェル戦記なのです。
サービス開始からすでに長期にわたっていることからも解るように、すでにオンラインゲームとしては老舗と言っていいゲームですね。
エンジェル戦記

・思いのままにキャラ作成して冒険へ

2Dの可愛いキャラがプレイヤーの分身になりますので、キャラ作成にも熱が入ります。髪の色や髪型、肌の色など組み合わせは楽しめます。
組み合わせは殆ど無限大に出来ると言っていいでしょう。自分だけのキャラを作りましょう。
まあ後に、アイテムによって髪の色や髪型など変えることも可能ですが、それでもそこまで行く間お付き合いのキャラです。好みで作ってこそ、ゲームも楽しくなると言うものです。
さてここで、最初の職業の選択もしなくてはいけません。
エンジェル戦記1
初期に選べる職業には勿論、限りがあります。ファイター、ウィザード、プリースト、ハンターなどです。
正直完全に初期のステージなら、どの職業を選んでも大差ありません。それなりにステージクリアできます。
しかし中盤戦以降の事を考えると、二次職になってもいささかきついのが、ファイターです。火力はありますが、どうしてもソロが不可能なのとPTでは壁の役割になるのとで、いささか不便な職業です。
つまり中盤以降のダンジョン、魔法職ならソロも可能なダンジョンでも、ファイターだと力押しでのクリアしか望めないと言う事が多いのです。
PT組んだ場合はそれなりに活躍できますが、キャラの育成や武器防具の強化がかなり必要な職種になります。
ウィザードもしくは、PTで優遇されるプリーストがおすすめと言う事です。

・ダンジョンは中盤以降PT必須に

初期ダンジョンならソロで勿論、どの職業でもクリア可能ですが、中盤以降のダンジョンですとPT組まないときつくなってきます。
このゲームのダンジョンは、インスタンスダンジョンと呼ばれるタイプのもので、独りでも入場可能ですしPTでも可能です。
またPT募集も面倒な場合、とりあえず入場しておいて入り口を開けておくと言う手もあります。この場合、誰もでも入ることが出来ますので、募集の手間がかからず楽に周回も出来るのです。
マイナス点としては、寄生が発生することですが、リーダーの権限で放逐も可能です。
ダンジョンだけでなく、町と街を繋ぐ街道にもモンスターが出ますので、移動にも注意です。また街道にもボスモンスターが出現しますので、腕に自信のある人はドロップ狙いに挑戦してみるのもいいでしょう。

・武器防具にかかるゲーム内マネーでゲーム内破産も

どのゲームでも、武器防具は大事なものですので、強化したり強い武器を購入したりと心砕く人が多いでしょう。
このゲームの場合マーケットなどで、他のプレイヤーから強い装備品を購入したり、募集チャットで募集することも可能です。
ただ大変にシビアなのが、強化と修理費です。強化は失敗すると、装備品自体が消滅します。これまで強くしてきた武器などが、サクッと消えてしまいます。
また使用した装備品は劣化しますので、戦闘後の修理も必要です。特に壁となる近距離系キャラの補修費は、毎度泣きたくなる金額になります。
NPCの鍛冶屋に、どんどんお金が流れていくと言うのが、大変にシビアなゲームなのです。

・MMOの一番の楽しみはチャットによるコミュニケーション

ブラウザゲームでの残念なところは、プレイヤー同士のコミュニケーションの少なさです。勿論ギルドシステムなどあるゲームは、ギルドチャットも出来ますが、チャットが使いづらいのが共通の悩みです。
エンジェル戦記のチャット画面の使いやすさは、正直他に類を見ないかもしれません。
個人チャットしつつも、全体チャットなども確認出来て、妙にログが流れることも無いので非常に見やすい画面になっています。近頃のMMOだと、会話が足りないと思う方にはこのゲーム、かなりおすすめです。

 

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事