FPS
特集

2016-08-14 20:03:43

無料FPSのクオリティにおいて最高峰に位置するAVA

この記事に関連するゲーム

Alliance of Valiant Arms(アライアンス オブ ヴァリアント アームズ)AVA
ヨーロッパを部隊に、最新鋭の武器と歩兵部隊の戦いを冷酷なまでのリアリティで楽しめる次世代ミリタリーFPS。

eu680

AVAってなんだい

これは一介の兵士になって2チームに分かれ、最大16人が銃で撃ち合うゲームです。こうしたゲームのジャンルをFPS(ファースト・パーソン・シューティング:一人称視点での撃ち合い)と言い、今ではすっかり一般的なゲームジャンルとなりました。

もしFPSに興味があるならAVAは良い入り口となるでしょう。むしろ入り口どころか嵌まってしまい気が付いたらAVAが起動していた、なんてことはザラにあるぐらいです。無料なので公式サイトからしゃしゃっとダウンロードしてしまいましょう。

正式名称はなんなんだい

AVAは正式名称を「Alliance of Valiant Arms」と言いますがプレイヤーのほとんどは意味も分からずやってますし、分からないでも大丈夫です。ちなみに日本語にすると「勇敢な同盟の戦士達」みたいな感じとなります。

ストーリー

簡単に言うとロシア復興を目指し第三国を統合しつつ拡大を続けるNRF軍と、これを危惧するヨーロッパ諸国のEU軍が激突してる感じです。そしてNRF軍がフランス中部まで占領し「やべえ」と思ったアメリカ軍がEU軍へ介入したのだった・・・というのがAVAの大まかなストーリーとなります。

国による違い

EU軍とNRF軍という2つの勢力があるけども能力は同じで、プレイヤーは試合ごとにどっちかに所属するというだけです。

影響があるのはラジオチャットぐらいです。EU軍は英語を喋りNRF軍はロシア語を話します。特にロシア語は何だか面白く「了解」が「ポニョ」になったりするので使ってみましょう。
ちなみに日本語にもできるので安心ですぞ。

nrf680

何したらいいか分からんですぞ

大丈夫ですぞ。まずはチュートリアルがあります。これに従っていけばなーるふむふむということで全体のルールが分かってくるはずです。
このゲームは大まかに分けて「殲滅」「護衛」「爆破」というゲームモードがあります。ちょこっと説明してみましょう。

・殲滅:2チームに分かれて撃破数を競う
・護衛:戦車をゴールまで護衛するチームと阻止するチームで競う
・爆破:爆弾を仕掛けて施設爆破を狙うチームと阻止するチームで競う

基本的には殲滅でゲームに慣れてから護衛なり爆破なりをやっていくと良いと思います。

兵種ってなんですの

プレイヤーは3種類の兵士を持っていて、この内1つを選んでゲームに参加します。それぞれの特徴を見ておきましょう。

ポイントマン:素早いけど射程が短い
ライフルマン:中距離を中心に全距離をカバーできる
スナイパー:遠距離を得意とする

これら3種の違いは装備できる武器と移動速度が主となります。あとスナイパーはヘルメットを被っていないので防御力が低いです。
基本的にはライフルマンが一番防御力が高く、どの距離でも戦えるのでお勧めです。ということでライフルマンの武器を見ていきましょう。

いっぱいあるけどどの銃を使えばいいのん

そうですな、まずは初期装備の銃で十分です。2016年4月20日までG3A1というゲーム中最もピーキーな銃が支給されていたのですが、現在は扱いやすいM4A1が支給されています。
このゲームの銃は大別すると「安定銃」と「火力銃」に分けることができるのでちょっと見ていきましょう。

安定銃:扱いやすく反動が少ない銃
M4A1、L85A2、FN-F2000、ARX-160など

火力銃:扱い難く反動が強い分、火力を備えている銃
M14EBR、M14DMR、SA58PARAなど

好みにもよりますが、火力銃の反動は半端なものではないのでまずは安定銃から使うと良いでしょう。

ライフルマン以外の役割

ポイントマンが装備できるショットガンは嵌まると手放せません。特に相手チームの裏に回り連続で倒しまくるとたまらんものがあります。読まれると倒されやすいですが上手く立ち回れば相手にとっては脅威以外の何者以外でもありません。
スナイパーは狙撃銃を装備できるのですが、その存在力は大きなものです。もし相手のスナイパーを圧倒することができれば相手は動きを大幅に制限されることになります。そのためゲームを左右できる重要なポジションと言えるでしょう。

FPSやったことないならやってみよう

AVAは無料で楽しく格好いい貴重なFPSゲームです。直ぐに始められますし人も多く居るので対戦相手に困ることはありません。2008年から現在までアップデートが続けられ、新しいゲームモードも実装されるようになりました。これからも遊び続けられるFPSゲームの代表的な存在と言えるでしょう。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事