FPS
特集

2017-04-04 11:42:18

『AVA』初心者に捧ぐ敵の倒し方

この記事に関連するゲーム

Alliance of Valiant Arms(アライアンス オブ ヴァリアント アームズ)AVA
ヨーロッパを部隊に、最新鋭の武器と歩兵部隊の戦いを冷酷なまでのリアリティで楽しめる次世代ミリタリーFPS。

◆敵が倒せねー!どうなってんだ金返せー!

いざ戦場へ赴き敵をばんばん倒そうとしても逆にばんばん倒されてしまうかもしれません。それもそのはず、『AVA』には歴戦の猛者がうようよしているためプレイヤーは基本的に手ごわいのです。まるで血に飢えた首狩り族の中に赤子を放り込むような所業と言えます。ですがいつまでもねんねなベイビではいられません。今こそ逆襲のときなのです。

◆まずはクールに行こう

試合開始だぜ走り抜けるぜ!うわ敵ずばばばばうぎゃー!となり気づいたらリスポーンしていた…なんてことになってはいないでしょうか。焦ることはありません。まずは心を無にして落ち着きましょう。心境としては「あそこらへんが前線になるから、様子みて攻勢だったら攻めて守勢だったら少し下がっとくか」ぐらいの感じです。そうすれば無駄死にを防ぐことができ、少なくとも倒され難い状況が生まれます。

◆撃ちっぱなしはダメよ

前線に行く場合、敵と正面衝突することがあります。そうなると「うわっあぶぶ、あわわ」となりマウスの左クリックを押しっぱなし、照準開きっぱなしという状態になってしまうでしょう。確かに体と体を感じあうほど超近距離ならそれで良いのですが、少し距離がある場合には撃ちっぱなしではいけません。打ち続けるとターゲットに当たる弾はかなり少なくなるのです。

ava03
上の画像は安定銃でお馴染みの「M4A1」を撃ちっぱなしにした場合です。照準は開いて初弾からズレまくっているのが分かると思います。仮にターゲットが初弾の位置に居るとしたら2、3発しか当たっていないことになります。

◆適宜「指切り」をして反動を抑える

ではどうしたらターゲットにずびびびっと弾を当てられるかというと、それは適宜「指切り」をすれば良いのです。指切りというとヤなクザな方や針を千本飲まされる契約を思い起こしますが、それとは関係ありません。ただ単に2、3発で一旦撃つのを止める、というのを繰り返すだけです。別名「タップ撃ち」などとも呼ばれるテクニックとなります。

ava04

上の画像は「M4A1」で指切りを適宜行った場合の様子です。銃痕が1箇所に集中しているのが分かると思います。こうすれば、相手が撃ちっぱなしの場合にまず撃ち負けることはありません。相手も指切りをしてる場合は、射撃精度が高さを競うことになるでしょう。

◆当たってるのに倒せねー!

指切りをして相手に当てているのに勝つ事ができない場合には、弾を当てる場所が悪いのかもしれません。実はこのゲームでは弾の当たる部位にそれぞれ防御力が設定されているのです。それは以下のような感じです。

・頭:問答無用の大ダメージ
・腹:頭に次いでダメージが大きい
・胸:そこそこのダメージ
・腕:あまりダメージは期待できない
・足:腕よりもダメージ量は少ない

こちらが足に何発を弾を当てている間に頭に1発でも弾を食らえばそれで倒されてしまうわけです。頭はスナイパー以外ならヘルメットで保護されていますが、ヘルメットが無くなれば裸同然なのでいつ倒されてもおかしくありません。なら頭を狙えば良いかというと、これもなかなか難しい話です。少なくとも上半身を狙っておけば相手を倒しやすくなるはずです。

◆落ち着いて相手の上半身に弾を当てていこう

まずは落ち着くこと、それから指切りで射撃精度を上げていきましょう。そして狙う箇所は上半身です。もし弾が当たるようになったら頭を狙ってみると意外と当たってくれるかもしれません。そうすればいつの間にやら強いプレイヤーとなっているものです。これであなたも立派な首狩り族の一員となれるでしょう。

 

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事