FPS
特集

2017-04-20 11:19:56

『AVA』初心者に捧ぐ爆破(攻撃側)の立ち回り~とにかく集団行動~

この記事に関連するゲーム

Alliance of Valiant Arms(アライアンス オブ ヴァリアント アームズ)AVA
ヨーロッパを部隊に、最新鋭の武器と歩兵部隊の戦いを冷酷なまでのリアリティで楽しめる次世代ミリタリーFPS。

◆ちくしょー!プレッシャーすげーっつーの!

『AVA』のメインコンテンツの1つである爆破は緊張感のある試合形式です。もし立ち回りに失敗すれば前歯を小さなイカ寿司に変えられたり爪がうっすいコンニャクになってしまうかもしれません。シビアとはいかないまでも妥当な立ち回りを把握しておくとチームの勝利に貢献できるでしょう。今回はいくつか気をつけておきたいポイントについて見ていきます。

◆C4取らんの!?

ava46

試合開始後から直ぐに勝負が始まります。敵との勝負ではありません。味方との勝負です。それは「C4係の押し付け合い」に他ありません。C4を所持するということはプレッシャーのかかる立場なので、大抵のプレイヤーは「そんなんやりたくねーぜ」と言うようにC4を持たないよう、開幕ダッシュで戦場へと赴こうとします。もしそこで棒立ちしようものなら味方チャットから無慈悲に「C4」とだけ言われるかもしれません。東京砂漠ですかここは。そこでしぶしぶC4を取るのも良いのですが、取扱いに全く自信が無いなら開幕ダッシュするしかありません。「お、俺は知らん!」と実際に叫びながらやってみると臨場感が出て良いかもしれません。ただ身内や近所の人に怒られる可能性はあります。というか叫ぶのはやめましょう。

◆仲間にくっついて行動

初心者である以上、頼りになるのは仲間です。単独行動を取らないよう、常に仲間のやや後ろにくっついて移動するようにしましょう。前線が戦闘を始め、仲間がそこで継続的に撃ち合うようであれば援護射撃をするとチームとして機能します。相手にとってみれば戦力が倍化するわけですから、援護射撃だけでも相当なプレッシャーとなるはずです。倒されることが許されない爆破モードなので慎重に立ち回っていきましょう。

◆C4落ちた!?うおーどうしよう

ava47

C4を持っているプレイヤーが倒されるとC4は床に落ちてしまいます。そしてそこは大抵敵の射線上にあるわけです。中には前線になりそうなところへ突撃する前にC4を安全なところで落としておくプレイヤーもいますが、そうでない場合にC4は危険地帯に残されてしまいます。このとき、まずは敵の撃破を優先しておきましょう。もし敵がダメージを受けているなら難無く倒せるかもしれません。ただスナイパーが待ちうけていそうな場合は判断が難しいところです。距離が遠ければダッシュすることで改修できるかもしれません。戦況を見ながら判断していきましょう。もしまだ仲間が側に居るなら、その行動を見て動くと窮地を抜け出せるかもしれません。

◆設置するときには慎重に

ava48

C4を設置するときには、十分に周囲を警戒しましょう。大抵の爆破地点は複数の方向から侵入できるようになっているため、仲間の支援が必要です。C4を設置する立場であれば仲間の警戒が始まってから設置し、警戒する立場であれば速やかに周囲を見回す必要があります。

もし警戒が十分で無い場合にC4を設置してしまうと、解除される可能性が高まります。爆破モードは目標地点で設置したC4を爆破時間まで守りきるか、もしくはC4を爆破時間までに解除するか、で勝敗が決まってしまうため、設置と同時に倒され即解除、という事も起こりえるのです。そういった事態は特に戦力が分散した状態でC4を設置した際に起こりやすく、チームで動くことの重要性を教えてくれます。

◆分隊長の指示に従おう

分隊長は隊員に指示を出す役目を担うチームのリーダーです。そのためその指示に従って行動するようにしましょう。もし積極的に指示を出してくれる分隊長が居たならそれは幸運です。チームとして団結して行動することができ、勝利する可能性は高まるでしょう。もし自分が分隊長になったなら、せめて爆破目標地点をラジオチャットで指示するぐらいはしておくと良いかもしれません。あまり負けが込んできてプレッシャーに耐え切れなくなったら、そっと分隊長の証であるゴーグルを捨てましょう。誰も拾わなかった場合は泣きましょう。

◆初心者は仲間の行動を目安として動くと吉

数ある『AVA』のゲームモードの中でもよりチームプレイが重要となるのが爆破モードです。人数が少なくなるたびにプレッシャーも強くなっていきます。初心者として大事なことは慎重すぎる行動ではなく、仲間と同調した行動です。支援する兵士のような感覚で動くことで、チームの戦力になれるでしょう。そして次第に慣れてきたら率先して動くようにすれば良いのです。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事