PC
MMORPG
特集

2016-10-18 10:19:36

【ブレイドアンドソウル】職業の特徴や魅力、操作難易度(剣術士、リン剣術士、暗殺者)

この記事に関連するゲーム

2013112903

BladeAndSoul(ブレイドアンドソウル)
アクションプレイがきみの運命を切り開いていく。さあ、世界の旅路に出て君のプレイで進撃せよ!

今回はブレイドアンドソウルの職業を簡単に紹介していきたいと思います。MMORPGをはじめる上で職業の種類は非常に大事ですよね。少しでも参考になれば幸いです。

剣術士(ジン族、クン族)

%e5%89%a3%e8%a1%93%e5%a3%ab

まずは王道の剣術士。大体のMMORPGにはほぼ存在する片手剣を扱う職業になります。大抵のゲームの剣術士といえばオーソドックスでそこまで複雑な要素もなく初心者向きな職業であることを想像すると思います。しかし、ブレイドアンドソウルでの剣術士は中級者~上級者向けの職業となっています。特徴としては剣術士は攻守共にバランスよく優れた性能を持っていて、状態異常技なども持っています。特に1対1での戦いの非常に強く、強力な範囲スキルももっています。書いていて思いますが隙がない職業ですね(笑)。

基本的に剣術士は敵の攻撃を防御スキルで無効化して、反撃をすることが戦闘スタイルになります。防御スキル以外にも自動防御スキルも持っていて防御スキルを使わなくてもダメージカットを一定の確率でしてくれたりなどもするので耐久力はかなりのものです。
剣術士が中級者向きと話した理由はこの敵の攻撃を無効化する防御スキルにあります。実はこの防御スキル、敵の攻撃が自分に着弾する0.5秒前に防御を発動させることで相手を気絶状態にすることができるのです。

敵の攻撃間隔、行動パターンを熟知している人が使えばものすごく強い反面この防御スキルを使いこなせないと剣術士の本来の力を発揮することは出来ません。
この防御スキルを成功させると強力な詠唱スキルを即発動させることもできるので攻防一体の神スキルなのです。大袈裟ですが剣術士はこの防御スキルを使いこなせるかどうかが全てといっても過言ではありません。上級者の剣術士などは1対1であれば敵を一方的にノーダメージで倒しきってしまうことも可能です。
PTプレイではタンク役をこなすこともできるのでタンクやってみたいという方にもオススメです。

リン剣術士(リン族)

%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%89%a3%e8%a1%93%e5%a3%ab

種族紹介の時にも言いましたがジン族などで選択することができる剣術士とは全くの別物なので注意がいります。初心者の方などがよく勘違いしてしまいがちです。あくまで「リン剣術士」という固有職業だと考えてください。

まず通常の剣術士との違いは剣術士ではガードスキルが鍵といいましたが、このリン剣術士には敵の攻撃を無効化するような強力なガードスキルはありません。つまりPTプレイなどでも強いボスになるとタンク役などをこなすことはできないです。

しかし補助面が優秀でPT需要は高いです。吸功などの持ち上げなどが強力で味方にフルボッコタイムを作ってあげたり、自身も火力が高いので火力役としても活躍することが出来ます。
操作難易度も剣術士よりも扱いが簡単なのでお手軽にPT貢献しやすい職業となります。
デメリットとしてはリン族でしか選択することができないということくらいですが人気種族なのでそこの不満もあまりないようです。

暗殺者(ジン族)

%e6%9a%97%e6%ae%ba%e8%80%85

文字通りアサシンです。ジン族の闇です(殴
冗談はさておきこの職業は魔道士や拳闘士、滅砕士などに比べるとPT需要はそこまでないかもしれません。だからといって弱い職とか不遇職かというとそんなことはなく、むしろ強職の部類です。ソロで俺TUEEEEしたい人向きなのかもしれません。

厳しいことを書きましたが火力が全然余裕なダンジョンやクリアが余裕なダンジョンであれば職構成などなんでもいい部分もあるのとタイマン火力はかなりのものなのでPTプレイも問題ないです。

戦闘スタイルはまさにトリッキーで型にはまらないです。ハイドという状態になって敵の背後から高威力スキルを叩き込んだり、気絶状態にさせたりすることもできます。ほかにも地雷設置や敵と自分の場所を入れ替えるスキルなどを持っていたりもして使っている人は口をそろえて楽しいといっています。
少し忍者にも近いイメージの職となっています。

以上で剣術士、リン剣術士、暗殺者の紹介を終わります。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事