インタビュー
特集

2016-07-12 11:10:19

【三国志】戦略ゲー『大皇帝』運営担当に初心者向けのゲームのすすめ方を聞いてきた

160706-0001

インゲームが運営をしている、三国志を舞台にした戦略シミュレーションゲーム大皇帝。本作は、2016年6月からサービスが開始された綺麗なグラフィックと戦略性の高さが特徴の新作ブラウザゲームです。

僕も個人的に気になっていたタイトルだったので、試しにちょっと遊ぶつもりが、グラフィック、ゲームシステム共に完成度が高いので普通にハマってしまいました。

というわけで、今回無料ゲームクラブではインゲームさんに訪問し、新規のプレイヤーさん向けにゲームの遊び方や攻略方法などを、大皇帝の運営を担当している運営A(仮名)氏と、広報を担当している野田氏に直接話しを伺ってきました。

 

運営A(仮名) 氏

大皇帝の運営担当。ゲームが好きでプライベートでもMMOをプレイしている。

野田 氏

大皇帝の広報担当。ゲームが好きで今の会社に入社したというほどのゲーム好き。

 

大皇帝ってどんなゲーム?

DSC02560

 

− 僕もプレイしてみてハマったんですけど、まだプレイしていないユーザーさん向けに、大皇帝とはどういうゲームかを説明していただけますか?

野田氏:はい、三国時代を背景にした、水墨画風の綺麗なグラフィックが特徴的な戦略シュミレーションゲームです。プレイヤーは関羽(かんう)や趙雲(ちょううん)など名高い武将達を率い、戦乱状態にある大皇帝の世界で自らの戦略を武器に天下統一を目指します。

 

160706-0004▲プレイヤーは広大な中国全土の統一を目指す。

 

− 武将のイラストやグラフィックすごい綺麗ですよね。

野田氏:そうですね、グラフィックは特にこだわっています。武将ごとに、優雅さ、勇猛さなどの特徴を個々に表現しています。例えば、武将一人一人に備わった武将技能は史実にのっとっているのも特徴です。

 

tyousen▲序盤で仲間にすることができる貂蝉。優雅さと美しさが表現されている。


− 史実にのっとった武将技能とは?

野田氏:武将の例で言うと、楊貴妃(ようきひ)と並び「中国四大美女」と言われた貂蝉(ちょうせん)は、その美貌を武器に呂布(りょふ)と董卓(とうたく)を反目させたことで有名ですよね。そんな彼女の技能は『誘惑』となってまして、ランダムに敵男性武将を誘惑し、一定ターンの間、仲間を攻撃させることができるんです。このように武将一人一人の史実を元に武将技能は魅力的に作られています。ちなみに、貂蝉は新しくプレイする方は毎日ログインするだけで獲得可能な武将なのでぜひ、彼女の技能を見てみてください。

 

160706-0005▲貂蝉の技能『誘惑』。ハマれば一気に形勢逆転ができる技能だ。

 

− ゲーム内容としてはどのような特徴がありますか?

運営A(仮名)氏:最初はプレイしていて、キャラクターのグラフィックに目がいっちゃうと思いますが、コンテンツに関しても、NPCの戦場の他にも、戦略を駆使するPVPは常に白熱してますし、最大コンテンツの一つでもある城戦は、何百というプレイヤーの部隊が出撃していて、運営として見ていても迫力があって凄いなと感じるほどです。また、ゲーム内の任務に関しても、黄金(ゲーム内上位通貨)を獲得できる機会が多いので、初心者にもやさしい設計となっております。

 

− 初めてゲームをプレイする方にオススメしたいコンテンツはありますか?

運営A(仮名)氏:やはり戦闘ですね。ゲームをプレイする上で戦闘の面白さって大事だと思うんですけど、大皇帝の戦闘はこだわって作られています。戦闘は六角のマスによって行われて、所持している武将のステータスにより行動順位などが異なり、そして兵の種類(兵種)によっても戦闘に大きな差がでるんですね。これらの要素を組み合わせることにより、自分の部隊を戦わせ勝利に導くことができる戦闘が、大皇帝の最大の魅力あるコンテンツだと思います。
勝てない相手にも武将を1マスずらして配置するだけで勝てることがある戦略性の高さを是非体感して欲しいです。

 

160706-0006▲戦闘では相手の特徴を把握して自軍の編成を考えることが大事。

 

− 三国志が舞台のゲームですが運営の方はやはり三国志は詳しいんですか?

野田氏:私はもともと三国志が好きで他社さんのゲームでも三国志系はやってましたね。

運営A(仮名)氏:私は武将の漢字から覚えました(笑)


− 難しいですからね、僕も漢字読めなかったです(笑)

運営A(仮名)氏:はい、プレイヤーさんの中でも漢字が読めないという声が多数あったので、公式ページに武将の読み方をのせています。

武将の特徴や名前はここでチェック
http://ingame.jp/gameinfo/king/general/index.php?cclinkid=99

 

− プレイヤーとしても大皇帝は遊ばれているんですか?

野田氏:はい、プライベートでは運営A(仮名)とは敵同士バチバチやってます(笑)

運営A(仮名)氏:別々の勢力で、情報も流さないガチバトルをしています(笑)


− 家でバチバチやりあっていて仕事中ピリつかないですか?

運営A(仮名)氏&野田氏:それは大丈夫です(笑)

 

戦闘の勝ち方とは!?

160706-0007

 

− どうしたら戦闘で勝てますか?

運営A(仮名)氏:武将の組み合わせと手ゴマの兵種の広さです。相性や、武将技能の発動順などの戦略要素が勝利への鍵となります。


− 相性は掲示板などで確認したら良いんですか?

運営A(仮名)氏:そうですね、その他にも先ほど紹介した公式ページに武将の能力や使い方をまとめていますので是非参考にしてみてください。

 

160711-0002▲公式ページでの武将紹介、詳しく特徴が記載されているので是非チェックしよう。

公式HP 武将紹介ページ
http://ingame.jp/gameinfo/king/general/index.php?cclinkid=99

掲示板 兵種相性表
http://luckbbs.com/forum.php?mod=viewthread&tid=18&extra=page%3D1

 

− やはり相性が一番重要なんですか?

運営A(仮名)氏:相性ももちろんあるんですけど、相性の悪い武将だとしても、武将の技能によっては相性をひっくりかえすことも可能です。
それと相性ばかり気にしていると自分のキャラクターに目が向かなくなってしまうので、まずは自分の手駒でなんとかしようとか、不得意な場合でも凄く攻撃力が高いとか、武将技能によって全然違ってくるので、例えば貂蝉の『誘惑』は相性が悪い相手にも有効ですね。


− 勝てる陣形の作り方とは?

運営A(仮名)氏:適切な配置は武将の特性によって異なりますので、この陣形なら勝てる! という陣形はないんですが、陣形の作り方としては、相手の攻撃の受け方まで考えることが大事です。例えば、一人をターゲットにして周辺2マスまでダメージが入る技能を敵が持っていた場合は、1番前の攻撃を受ける武将の周りに味方をおかないとか。

他にも、武将には速度があって攻撃する順番が異なるので、相手の武将を含めた動きを予測して、このタイミングでこの武将で技能を打てるようにここに配置しようとか。はやく技能を打てるように主将に任命しようとか。戦況を読んだ陣形作りが大事になります。武将の配置を1マス変えただけで勝てることもザラにあるのでいろいろ試してみてください。


− 使いやすい兵種はありますか?

運営A(仮名)氏:組み合わせが重要となります。例えば、盾を加入させている陣形であれば、弓兵からの攻撃を最小限に抑えることができますし、自軍後方支援の弓兵にダメージを与えることなく、相手を攻撃していくプレイスタイルには盾兵がかかせませんね。
今ですと、一番最初に貰える弓兵の賈詡(かく)がいるんですけど、技能も攻撃もつよいので賈詡を後方に置いて、盾を前に置く組み合わせが一番ベタだと思いますね。

 

160707-0004▲序盤で仲間にできる賈詡。頼りになる武将だ。

 

− 強いおすすめの武将はいますか?

運営A(仮名)氏:盾役では趙雲(ちょううん)ですね。原作の三国志のなかでも人気がある武将だと思いますが、本作でも盾役として頼れる存在の武将となっております。ログインボーナス等でも獲得ができますのでオススメです。
弓兵でいえば先ほど話しに出ました賈詡ですね。武将育成もしやすく、獲得の容易さだけではなく攻撃性能を兼ね備えた武将です。物語の終盤まででも、主君を支える強い存在となります。

 

160707-0003▲盾兵のおすすめは趙雲、武将技能『無双』はめっちゃ強い。

 

− どの武将を仲間にすると良いですか?

運営A(仮名)氏:私の場合は重騎兵ばかり集まってしまって、後衛の強い武将が欲しかったので弓の周瑜(しゅうゆ)に訪問しにいきました。1日15回すみませんと。
後は、酒屋や民心事件などでどの将魂が集まっているかによりますね。将魂が10個貯まっているので手合わせしたりで武将を獲得するのが良いと思います。

 

160706-0010▲武将は、訪問や手合せをすることで仲間にすることができる。

 

− 運営者さん達はどのように戦っているんですか?

運営A(仮名)氏:私は相性表はあまり見なかったんですよね、見る時間があれば数を打とうと思ってとにかく試合をこなしました。いろいろやっているうちに、盾だしてみたら負けたな、さっきよりダメージ多いぞ、などと気づく点が多々あるので自分の中でwikiを作るような感覚で戦いを覚えていきました。


野田氏:
私はなんとなく相性は頭に入っていたので、それにそってはやっているんですけど、私の部隊の組み方はちょっと特殊で、顔で武将を選んでいます(笑) 玄人向けなんじゃないかという武将もかっこいいから使おうかなと(笑)
運営として見ていても、みなさん本当にプレイスタイルが違うので、人それぞれの戦い方があって面白いですよ。

 

− お気に入りの武将はいますか?

運営A(仮名)氏:私のお気に入りは周瑜。

野田氏:かっこいいよねぇ。

運営A(仮名)氏:技能がダイナミックなんですよ、火の付いた弓を盛大に飛ばす『火雨』は、見ているだけで楽しいので使っちゃいます。

 

160707-0007hiame▲クールな見た目の周瑜。技能の『火雨』は見ているだけで爽快だ。

 

野田氏:私は1番好きな武将を言ってしまうと勢力の人にバレてしまうので、2番目に好きなので言えば夏侯惇(かこうとん)、技能が強力で、自軍の全近接部隊の兵力を一定のターンの間増加した状態で戦闘を開始できるのでおすすめです。訪問や手合せをすることでフィールドで仲間にすることができます。

 

160707-0005▲ワイルドな見た目の夏侯惇。

 

領地での最重要施設は?

160707-0006

 

− 銀貨と食料がどんどん減るんですけどどうすればいいですか?

運営A(仮名)氏:最初は忘れてしまいがちなのですが領地を育ててください。できるだけ消費する食糧を抑えて低コストでマップの開拓、民心事件等をクリアするのがコツです。


− 領地での建築する施設の優先順位とは?

運営A(仮名)氏:まずは役所ですよね。全ての建築物の基礎となります。そのあとは、プレイスタイルによるかもしれません。あとは任務報酬がけっこう大きいので、任務に記載されているものからレベルアップさせることもあるとおもいます。


− まずは資源産出系が最重要?

運営A(仮名)氏:レベルが上がってくると、兵種スキルであったり上げなくちゃいけないものが沢山あるので、銀貨もつかいますし、盗賊退治、兵装を手に入れるのも食料がかかってしまうので、食料と銀貨の産出が一番大事ですね。


− 序盤は倉庫系は1個で十分?

運営A(仮名)氏:そうですね。1日2日やらなくてというプレイスタイルであれば、赤文字(保存上限を超えている状態)になるので必要ですが、そうでない場合は優先順位は低いです。


− 工場はいる? 盗賊退治で十分では?

運営A(仮名)氏:兵装を手に入れる手段は数ありますが、盗賊退治だけで稼いでいたのでは食糧が大量に必要となりすぐに食料がなくなってしまいます。領地で少しづつ回すだけで食料の消費はだいぶ抑えられますので、時間を見つけて製造したほうが良いですね。


− 訓練所はいる? 経験書で十分では?

運営A(仮名)氏:効率よく育成するのであれば必要です。今回のアップデートでは三部隊、計15体の武将を出陣させるコンテンツが追加されたので、そうなると選抜メンバー以外も細かく育てていく必要があり、経験値書だけではやりくりが難しくなってきますので、ちょっとづつ訓練所で育てていくと戦略の幅も広がりますし、いざ必要というときに助かるはずです。

 

プレイヤーレベルの上げ方についての質問

− レベル30ごろからレベルが上がりにくく敵も強くなりますが、『群雄討伐は必ずする / 任務の報酬を活用する / 城郭奪還をすすめる』これ以外に効率の良いレベルの上げ方はありますか?

野田氏:盗賊退治とストーリーイベントはオススメですね。盗賊退治は兵装が手に入るついでに経験値も僅かですが入ります。また、ストーリーイベントは一定のレベルに到達すると発生し、様々なアイテムが入手できますので、オススメです。


− 城郭奪還で勝てない場合はどうしたら良いですか?

運営A(仮名)氏:食糧の消費はほとんどないので、練習だと思っていろいろ試すと勝てたりしますね。武将のレベルを上げないでも装備を整えてるだけでも勝敗は変わりますし、意外と兵種スキルの上げ忘れなどもありますのでそこを確認するだけでも勝てたりします。


− 戦闘後に他のプレイヤーの試合動画がみれますが、やはり活用した方が良いですか?

運営A(仮名)氏:私は活用したりしますね。敵の動きとか、自分はいつもここまでしか進めないけど、その後ろはどうなっているかも見れるのでわりとおすすめですね。


野田氏:
私も参考にしますね。行き詰った時は参考にしますし、もし同じような兵種で戦っているものがあれば、同じように陣形を組んでみたりします。

 

160706-0011160706-0012▲勝てない時は他のプレイヤーの試合を参考にしよう。

 

メインコンテンツの城戦ってなに?

− 城戦とはなんですか?

運営A(仮名)氏:城戦は【大皇帝】のメインコンテンツの一つで、城戦を通じて経験値、功勲(こうくん)、勢力資金、各種アイテムを入手できます。それに、敵撃破数や撃破数順位により、「天下征戦(せいせん)」画面で奨励を受け取れます。さらに、所属勢力が物資/アイテムの産出地を占領すると、勢力メンバー全員がその産出物を獲得できます。


− 城戦はPVPコンテンツですね、ほかのゲームに比べて特徴とかあります?

運営A(仮名)氏:自由度が高いですね。宣戦しなくても行われる城戦もありますので、いつでも自分の実力を試すことができます。

野田氏:小さい城であれば思い立ったら城戦というのができるので、ちょこちょことと撃破数を稼いで順位が上がれば奨励をもらってと美味しい感じにできますし、力試しにもなるので参加して悪いことはありません。

 

競技大会での戦い方

− 競技大会のうまい戦い方は?

運営A(仮名)氏:相手の兵種と戦力分布を観察することですね。それと技能と速度がカギとなります。上位層になってくると相手も技能の発動順まで全て計算して防御の配置を組んでいるので、そこまで読み切れば下剋上も成功しますよ。


− どんな相手と戦うのがいいのか? とにかく自分より順位が上の相手?

運営A(仮名)氏:上位相手だとランキングアップ報酬を獲得できますのでお勧めします。先日のアップデートで順位奨励が追加されたことも大きいですね。大幅なランクアップを狙わない場合には、戦力が近いプレイヤーと戦う事が一番の方法です。


− アップデートで奨励が増えたとのことですが、初心者でもわかりやすく説明してもらえますか?

野田氏:まず、初心者の方でも分かるように、先日行われたアップデートについて説明致します。6/21に行われた大型アップデートでは新武将として、諸葛亮(しょかつりょう)と並び評される魏(ぎ)の天才軍師「司馬懿(しばい)」が実装されました。また、新しいランキング型PVPコンテンツとして三軍演武を実装しています。三軍演武では競技大会と違い、お互い3軍出陣させる3対3のPVPコンテンツとなりますので更に戦略が問われる戦いになると思います。あとは、レベルキャップ解放で、プレイヤーが更なる高みへ挑戦できるようになりました。


運営A(仮名)氏
奨励についてですが、競技大会は順位によって黄金が獲得できるようになりました。幅広い順位をカバーしているので初心者にも目指しやすいとおもいます。相性などの特性を理解して進めていけばランクアップも可能です。

 

update▲新コンテンツ『三軍演武』では3部隊、計15武将を出陣させることができる。

 

最後にひとこと

− これから大皇帝をプレイされる方にひとことお願いします。

野田氏:三国志が好きな人、戦略シミュレーションゲームが好きな人のために作られていますので、戦略の面白さや、三国時代の奥深い感じ、史実にもとづいている技能やストーリーにじっくりハマっていいただければなと思います。
もちろん三国志を知らなくても、戦略シミュレーションゲームが好きな人であればハマると思いますし、個人的にはゲームを通して三国志って面白いよ、というのも気づいていただければと思います。


運営A(仮名)氏:
戦略性が高いゲームですので、武将を配置するマスを1つずらすだけで戦況は大きく変わり、惨敗だったものが星3でクリアできたりしますので、1マスづらしただけで全てが変わる瞬間を味わっていただきたいです。
遊んでもらえればわかりますが、よくあるクリックゲーとは違うので是非プレイして面白さを体感していただければと思います。

 

− 以上です、インタビューを受けていただきありがとうございました!

  • おすすめ特集記事