RPG
特集

2016-09-23 17:21:26

カードゲームとしては割とポピュラーなディヴァイン・グリモワールをプレイしてみた

この記事に関連するゲーム

divine-grimoire-001

ディヴァイン・グリモワール
わずか10マスの攻防!一瞬の判断が勝敗を分ける魔道書バトル!麗しのユニットを召喚して敵を倒せ!ディヴァイン・グリモワール

よくあるカードゲームですが、結構凝った作りのディヴァイン・グリモワールをプレイしてみました。
%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b31

ストーリーはお約束であって無きがごとし

ストーリはよくある、世界の危機に一人の英雄が、ってやつですので殆ど関係ありません。まあオンゲの場合、例えストーリーがあってもその内うやむやになるのも、これまたお約束なので珍しい事ではないですが。

なのでストーリー的説明は無視して、システムでひたすら遊ぶゲームと考えたほうがよろしいです。最初にキャラクター(プレイヤー)作成画面が出ますが、これはプレイとか戦闘には関係しないのでインターフェイス画面で見たいと思うキャラを、選択して大丈夫です。

イラストは可愛い系、と見えるけど

戦闘シーンのカードたちはともかく、イラスト画面ではかわいい系にまとめられてますので、そこそこ目にも楽しいです。何て風に一見見えるんですが実は、一部のカードだけです可愛いのは。

種族(人間、精霊、獣人、瞑霊、地鬼、巨人、魔獣)のお約束イラストもありますが、巨人が可愛かったらそれこそ逆に怖いですし、まあ日本で新たに起こされたイラスト(人間とか精霊系)に関しては可愛い系でまとめてあります。

トップページのかわいいイラストだけ見てプレイ始めると、ちょっと脱力することもありますのでご注意です。

カードは時の運

どのゲームでも同じですが、どんなキャラとかカードを引くかは時の運と課金次第です。とは言え課金してもいいキャラが絶対手に入るかと言えば、近頃はそう簡単にも行かなくなりました。

このゲームも同じです、こちらはガチャらしいガチャは無いんですが、でもって作ったりも出来るんですがこれ無課金にはありがたいです。それでも課金者はそこそこ有利なのは当たり前、でも完全有利と言うわけでも無いです、まあ課金すればするだけ上位カードは手に入りやすいです、でなければ誰も課金しなくなりますよね。

出来ればキャンペーン中とかに始めると、割といいカードもらえたりしますので、時を見定めてプレイ開始もよろしいでしょう。

上位カードは無敵?

でもないです、これもどこでもよくあることですが、特に上位カードの場合出撃可能まで時間を食います。ターン数をこなさないと出撃が可能になれないので、上位カードばかりでデッキを固めていると何もしないうちにやられてしまったりすることも、そこそこのカードもデッキに入れておかないと後悔することになります。

最初そこそこの強さのカードでも、強化していく事が可能ですので、気を長く持って育成するのがよろしいかと。
%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b32

 

戦闘のコツは?

長距離攻撃カードと、前衛用の防御高いカードの組み合わせに、魔術系のカード組み合わせるのは勿論ですが、これに加えて特殊技能持ったカードも必須です。

例えば、他の敵をを飛び越えて前に進める技能とか、回復スキル持ったカード、敵に異常を与える技能や後ろの敵を攻撃できる技能を持ったカードなど組み合わせておくと、有利に戦闘が進められます。

敵のNPCの動きが中盤以降のレベルになると、結構あざとい動き始めますので、こっちもそれに負けない戦術が必要になってきます。

本家だけでなくYahooのモバゲーPC版でもプレイ可能です、それこそキャンペーンの機会を見計らってどちらでもプレイ開始出来ますので、機会を見てプレイ開始してみてはどうでしょう。

サクサク戦闘に慣れた人にはちょっと、動きがたるいと思えるかもしれませんが、始めてみるとそれなりに戦術戦略必要なので集中してプレイ出来ます。

デッキ組むだけで、結構神経使いますので頭脳プレイがお好みの方にも、結構お勧めですね。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事