RPG
特集

2016-08-25 12:06:09

この8人は必ずハマる!?モンパレの魅力を初見プレイヤーが語る

この記事に関連するゲーム

ドラゴンクエスト モンスターパレード
いにしえの巫女を探せ!さもなくば世界は滅びるだろう・・・・! PCブラウザ初の「ドラゴンクエスト」

こんにちは。
この記事は私、ユウキチヒロが『ドラゴンクエスト モンスターパレード』を初プレイし、始めようか悩んでいる人に向けて
・ゲームの魅力
・無課金でも楽しめるか
・課金することのメリット
以上の3点を中心に体験を通して発信していこうというものである。
初回の今回はゲームの魅力について話していこうと思う。

160821-010

どんなゲーム?

ドラゴンクエストモンスターズのシリーズはご存知だろうか?
1998年に第一作が発売されたこのシリーズは、ゲーム中に登場するさまざまなモンスターを仲間にし、育成しながら冒険を進めるロールプレイングゲームだ。

私も当時は散々やった。
母親に「お前はもう受験に落ちろ」と言われる理由の一部になったことは間違いない。

ポケモンgoで一躍話題となったポケモンシリーズにも通ずるこのシステム。
大きく違うのはやはり”チーム”で戦うことだろう。

ゲーム内でキャラバンと呼ばれるこのチームには8体のモンスターが組み込める。
全員ガチムチの肉体派にしてもよし、バランスをとってもよし、もちろん自分の好きなモンスターだけで組むというファンプレイも可能だ。結局のところ、この手のゲームの魅力はここだ。

好きなモンスターに情熱を注げる自由度。

そういうゲームを求めている人はすぐに始めるべきだろう。

モンスター集めが醍醐味

上に書いた通り、このゲームはロールプレイングだ。

そのためにモンスターを集めることになるのだが、このモンスター集めがとにかく楽しい。
1度の戦闘が終わると、スカウトチャンスと呼ばれるフェーズが確率で発生。
今回倒したモンスターの何匹かが追いかけてきて、仲間にするチャンスが与えられ、運が良ければ仲間にすることができる。

160821-005

しかし確率が絶妙で失敗することも少なくないので、成功した時の喜びもひとしおだ。
ここがこのゲームの醍醐味だ。
仲間にする作業が楽しくて無駄にうろうろしてしまうのだ。

スカウト成功だの失敗だのしているうちに間違って、貴重なアイテムである『やせいのにく』を使い果たしてしまうことがないように。

そんなプレイヤーは私だけで十分だ。

もうひとつアドバイスをするならモンスターはとにかく仲間にしておいた方がいい。
私は重複したモンスターはいらないと考え、一度だけスカウトせずに野に帰してしまったが、後々これは失敗だったと気づいた。

頼む、私のももんじゃを返してほしい。

160821-011

スタミナの回復は1日に1度だけ

いまや家庭用ゲームの3倍近い市場規模を誇る課金型ゲーム。
この手の課金型ゲームはスタミナという概念でプレイ時間を制限しているのが特徴だ。

多くは現実の時間経過で少しずつスタミナが回復していくやり方を取っているが、ドラゴンクエスト モンスターパレードは少し違う。

1日に1度、毎朝6時にしか回復しないのだ。一見全然遊べないように感じてしまうが、こちらにもメリットはある。それは必要以上に時間拘束されにくいという点だ。

こういう経験はないだろうか?

「周りのプレイヤーに置いていかれてしまうから忙しいけどやらなくちゃ」
「あと○分でスタミナがいっぱいになってしまうから今のうちにプレイしておかないと」
「もっと時間があったらたくさん進められるのに」

楽しさの中にも義務的にプレイさせられている瞬間を感じることは少なくないはずだ。
この点において1日1度のスタミナ回復はメリットになり得る。

1日に1度しか回復しないわけだから毎日プレイしていれば周りのプレイヤーに極端に置いていかれることはまずない。

スタミナがいっぱいになってしまい、溢れてしまうこともないだろう。
時間があろうがなかろうが、その日のスタミナが尽きればそれ以上は進まないので、時間が自由に作れないこともハンディキャップになりにくい。

だからこそ義務的なプレイは発生しにくく、時間拘束されないというわけだ。時間がたくさん作れる学生さんも、時間があまり取れない社会人さんも、(もしかすると忙しい学生さん、手持無沙汰な社会人さんもいるかもしれないが)

100%自分のペースでゲームを楽しめる仕組みになっている。

「ゲームはやりたいんだけど、いつも意識しながら生活するのは厳しいなぁ」という人こそ
間違いなくこのゲームに合っていると私が約束する。

1度始めてみてはいかがだろうか?

同じタイミングで始めるともだちが欲しいわけじゃないよ、決して。

160822-001

まとめ

このゲームが楽しめる人は次の人だ。

・ドラゴンクエストが好きな人
・ドラゴンクエストモンスターズが好きな人
・ゲームのやりすぎで「受験に落ちろ」と言われた経験のある人
・パーティー編成に自由度を求めている人
・こだわりが強く、自分が好きなモンスターを愛でたい人
・ゲームはやりたいけど、時間的に縛られるのが嫌いな人
・ゲームはやりたいけど、時間が取れずにいつも挫折してしまう人
・私とともだちになりたい人

ひとつでも当てはまればきっと楽しめるだろう。
素晴らしいモンスターパレードライフが送れることを祈っている。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事