アクションRPG
特集

2016-09-14 18:32:18

ドラネスを始めたい人の為の『職業ガイド、その3』~アサシン、レンシア、マキナ+α編~

この記事に関連するゲーム

200x200

ドラゴンネスト
仲間と共に巨大なドラゴンを討伐せよ!!
仲間とパーティーを組んでダンジョンを攻略!
強大なモンスターを力を合わせて討伐せよ!

職業ガイド最後になりました。ここまでお付き合いいただいた方、本当にありがとうございます!

最後の解説は、タイトルの職業もそうですが、外伝キャラクターと呼ばれる、期間限定で作成出来るキャラクターの解説もしようと思います。

この、期間限定というのは、新しい外伝キャラクターが実装されたときに、以前実装されたものも作成できるので、次の外伝キャラクターが来たら、全部作ってみることをお勧めします。
ではでは、最後までお付き合いください!

アサシン

%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%82%b7%e3%83%b3

使用武器:シミター、クルック
2次転職すると…… →チェイサー ★
→ブリンガー

自分の記憶の無い少年が、もう一人の自分と出会い、とある女性に導かれるままストーリーを展開していきます。

使用武器は、アサシンの名にふさわしいシミターと、棒に刃をつけたクルックと呼ばれる武器です。クルックのイメージは手甲の先に刃が付いているものと考えるとイメージしやすいでしょうか。

2次転職では、シミターを武器に、体術や鎖鎌を使って縦横無尽に駆け巡る近接特化の『チェイサー』と、光と闇属性のチャクラという気を扱い、近距離から中距離にかけて、様々な攻撃や、3次職では回復も出来る『ブリンガー』です。ちなみにブリンガーは頼もしい動物を召喚出来ます、すごく可愛いですよ。

ちなみに、どちらも物理攻撃なので、ステータスが複雑でない分、火力が上がりやすいと思います!

ではまず、チェイサーは、火と闇の攻撃を操ります。火は体術攻撃が中心となっており、接近しては蹴りを放ったり、拳による連撃を加えたり、更にはイズナ落としのような攻撃も使えます。

闇のツリーですと、鎖鎌を振り回して中距離の敵にも影響を与えたり、クナイを爆発させて敵を集めたりで、様々な距離で忍具を使いながら戦うことが可能です。

チェイサーには、スキルレベルを上げることで一部スキルを蓄積して連続で放つ、ということも可能ですので、スキルによる攻撃の手を止めることなく戦えます。

ブリンガーは先述したように、光と闇の属性のチャクラという気の力を使い、特殊な方法で攻撃していきます。

光は、気の力を使って自ら突っ込んだり、波動を出し敵を攻撃したり、味方を回復したり防御力を上げる。というものですが、3次職になると、更に回復スキルを覚えたり出来ます。3次職になることで、改めてヒーラーとしての立ち位置を確立出来る職です。

一方闇の方では攻撃的なスキルを覚えていくのですが、闇の飛沫を飛ばして連続攻撃したり、自身の周囲に陣を展開という事も出来、ブリンガーの闇属性特有の状態異常でダメージを与えることが可能です。こちらのツリーでは攻撃をしてくれるお供の動物も召喚出来ます、これが本当に頼りになるんですよね。

では、次から紹介するものは、2次職が1つだけのものになります。

レンシア

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2

使用武器:スピア
2次転職すると…… →ピアサー ★

可愛らしい容姿とは裏腹に、大きな槍を力強く振り回す女の子のレンシア。とある物を届ける為に、妹と行動しているところから始まります。筆者はこの妹とのやり取りがすごく好きです!

2次転職では魔法と物理を更に尖らせた『ピアサー』になります。個人的な体感では2次職の時点ですごく強いと実感できる職でもあります。

3次職では、更に物理と魔法のどちからかを尖らせることになるのですが、それを抜きにしても、使いやすく、シンプルでとても強いです。

ピアサーには、ソードマスターと同じように、物理ツリーと魔法ツリーで分かれています。このツリーでの立ち回りは全然違いますので、それぞれ解説していきましょう。

まず、物理ツリーのピアサーは一撃の火力が高いのが特徴です、突撃するような攻撃もあり、槍の特徴を生かしたリーチ、速さを持っています。その中でも、チャージして放つタイプのスキルがあるのですが、チャージする時間に比例して、範囲、威力が上がり、最大までーチャージした時の威力は凄まじいです。

他にも、槍を地面に刺し、反動を利用して飛んだりなど、ややアクロバットに近い動きも出来ます。

魔法ツリーは、剣波を飛ばすスキルが多いです。槍を振り回しながらチャージしてから放つタイプの剣波や、連続で放つタイプなど、剣波が中心の攻撃になります。

自身の周囲にやりを召喚して、飛ばすスキルなどもあるので、中距離中心で立ち回ることになるでしょう。

しかし、魔法ツリーの真価は3次職からあると思うので、大器晩成型ですね。

マキナ

 

%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%83%8a

使用武器:ナックルギア
2次転職すると…… →パトロナ

またもや可愛らしい獣耳を携えた容姿とは裏腹に、振り回すものはナックルギア!重量感のある拳の武器に振り回されるような動きをしますが、その威力はお墨付きでございます。

2次転職すると、戦闘方法が大きく変わります。『ギアステップ』というアクションがスキルに追加されるのですが、この『ギアステップ』というのを生かして戦います。

2次職のスキルツリーの最初のスキルからコマンドをを押し、ギアステップに派生、そこで更に追加入力することで、威力の上がったスキルやチャージ短縮などが行えるようになります。

今までに無かったようなアクションをするので、触ってみるとかなり難しい職業です。

バトロナには、先ほど説明したギアステップを生かしたスキルが中心となります。3次職で攻撃型と防御型に分かれる形になるのですが、2次職のスキルでも、防御型の味方を守るスキルがあります。

攻撃型は先述したように、ギアステップ中心のツリーなので、それを中心としたスキル構成になってます。

防御型は、空中で敵の攻撃を防御することにより、回復効果のある気流を地面につけることが出来ます。といっても、防御型にならないと少し使いづらい、という難点もあります。

全体的にアクションとコマンドに慣れないと、かなり扱いづらい職業ですので、熟練には結構な時間を要しますので、最初のうちは火力が出辛い印象を受けると思いますが、練習次第では火力が出てくるようになるので、頑張りましょう!

ここまでが最初から選べる9職でございます。いかがだったでしょうか?

最初に書いてある通り、★マークの付いている職が個人的にやっていて楽しいかったり、強い!と思える職業でもあります。

ここまで読んでみて、まだ迷っちゃったりする方は、マークを参考にやってみるといいかもしれないですね!

では、ここからは期間限定で作成できる外伝キャラクター、ダークアベンジャーとシルバーハンターの説明をしていこうと思います。

ダークアベンジャー

 

%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc

使用武器:ソード

ウォーリアーからの派生である、『ダークアベンジャー』
外伝キャラクターは、基本的に闇堕ちするか、覚醒するかのどちらかになります。このウォーリアーの場合は、闇堕ちですね。

後半になっていくと、挿絵のような状態になる、変身スキルのようなものがあります。
スキルの使用感は、基本的にウォーリアー系統から変わりませんが、ダークアベンジャーの場合は、貯め技が多いです。貯める分、火力が非常に高いスキルが多くなってますね。

地面で技を繰り出し、切り上げ攻撃で空中に移動後、空中から貯め技で大ダメージと、一人で縦横無尽の連撃を繰り広げられます。

シルバーハンター

 

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

使用武器:クロスボウ

こちらは、アーチャーからの派生の『シルバーハンター』です。

こちらは覚醒した側のストーリーであり、雷属性の攻撃を繰り広げます。お供に鳥を召喚することが出来、こちらはアルフレッドのように、様々なスキルを覚えてくれます。

後半になると、変身スキルで召喚する鳥と共に、白い衣を纏います、姿はとても神々しいです!

シルバーハンターも、アーチャー系統のスキルの似たような使用感ですが、変身してからは、ほとんどのスキルを空中で発動できるようになります。

元々、アクロのようなスキルで飛び回ったり出来るので、飛び回ってから空中でスキルを連射する、というのがとても楽しいです。

個人的に、外伝キャラクターではおすすめの職ですね!

では、以上計9職+2職の解説を終わりたいと思います。

やはり、自分で見返してみると、好きな職業はとても分かりやすいなーと思いました!
これからも外伝キャラクターは増えるようで、クレリックの派生とソーサレスの派生の名前は出てきていますね。どうやらアサシンの外伝は来年の実装との噂もあります。

自分もこのゲームを始めてから、すごく色々と環境が変わり、戸惑うこともありましたが、このゲームはまだまだ遊べると思っています。

これを見て、やってみたい!と思った方は、まだまだ色々なものが実装されますし、職業によってはハイエンドコンテンツにもすぐに挑めるようになってますので、これを期に始めてみてはいかがでしょうか!

それでは、ゲーム内でお会いできたら幸いです。ありがとうございました。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事