PC
特集

2016-07-07 15:00:57

【ガンオン】(入門編) チュートリアルを必ず行い万全の状態で挑もう

2016年07月06日20時49分の画像

 

ガンダムオンラインは対人ゲーム故に、操作がおぼつかない初心者プレーヤーは絶好の標的にされてしまう。まずは予めチュートリアルを行い操作になれる必要がある、万が一自信が無い場合は何度もチュートリアルをやり直して操作を体で覚えよう。

 

当面は伍長を目指すのが目標

ゲームを開始したらチャレンジに従いチュートリアルを一つずつこなしていく事になる、実際の大規模戦闘への参加の前に基本的な操作を覚える事が可能だ。
チャレンジを一通り終えたら全ての期待を試し、自分の好みにあった期待を選ぼう。ガシャコンをそのまま回してもいいが、10枚利用だと11回分回せて得なので10枚利用できるまで溜めておくのもいいだろう。設計図やレンタル期待が出れば初期実装されている機体よりは性能が高いものが用意できるので狙う価値はある。

一番初めの大規模戦闘の模擬線参加の報酬で獲得できる設計図か、大規模戦にパーツを使って参戦せよで獲得可能なDXガシャコンチケットなど何か設計図が入手できたらそれを基礎に開発し強化を重ねるといい。
伍長になる事により機体連度や大規模戦などの解放があるので、伍長になってからこのゲームが始まると言ってもいい。

 

初期機体は強化するだけ無駄

ここまでで若干ではあるが資金が貯まっているので強化に手を出したくなるが、初期機体は新規開発した機体と比べて見劣りする性能なのは明らかだ。
チャレンジから「機体の開発方法をマスターせよ」を実行すると少なくとも新規開発機体を1体は開発することになる事を踏まえると、初期機体は強化せず開発機体と入れ替えて売り払ってしまった方が懸命だ。

機体のレベルが低いユニットの強化は資金がもったいない、特別な遊び方でもない限りは初期機体には一切投資しないのが鉄則と考えていい。初期機体は5種類存在するが、これは設計図が必ず揃うようになっているのでどうしてもというのであればチャレンジで溜めてから開発するのがいいだろう。期待の強化や武器開発の強化などは、同一機種であっても機体毎に強化する必要があるので無駄になる事が多いぞ。

機体がどんどん増えて見分けがつかなくなる場合には、レベルで判断するといい。レベル1であれば初期機体、強化を一切せずにレベルが4以上だったり金枠であれば開発機体と認識すると判別しやすい。

 

指揮官訓練は必要が無くても終えておくと得

遊び方として指揮官をやらないつもりのプレーヤーも多いが、大規模戦に挑む前に指揮官訓練は全て終えておくといい。
理由短時間で終了するだけでなく、報酬で得られるGPは総額で32000とその額はとても大きい。指揮官の視点でどのように指揮しているのかを把握する事も大規模戦闘では必要な事だし、理解を深める事で遊び方に幅が生まれるのでやっておいて損はない。
ちなみに報酬の受け取りはチャレンジから訓練系で受け取りができるので忘れずに獲得しよう。

 

指揮官訓練を行う事でわかる事をおさらいすると

・補給艦の位置は定位置になっていて出す場所が決まっている
・同様に戦艦要請のビーコンの出艦場所も定位置
・戦術支援はマップと拠点の配置の違いにより実行可能な支援方法が変わる
・各モビルスーツへの支持派マップ上のマウスクリックや囲み動作で支持している
・戦術支援には戦術ゲージが必要不可欠
・戦術ゲージは出撃済みの味方がコンテナを輸送して溜める必要がある
・戦術支援は実際効果が出るまで時間差が存在する
・一度十国した戦術をサイト利用するには時間経過がいる

 

以上のことを踏まえた上で大規模戦闘に参加すると意思疎通がとりやすく、指揮官の考えがわかり動きやすいだろう。

チュートリアル後は始めてミッションを行う事になるが、専用の配置マップであまり攻撃をしてこないノンプレーヤーキャラクター(NPC)との戦闘となる、敵軍もここではNPCだけでプレイヤーとの参加はないので覚えた動作を確認する意味で丁寧に行おう。

  • おすすめ特集記事