MMORPG
特集

2017-04-17 18:29:20

かくりょの門をライトに楽しむ方法

この記事に関連するゲーム

かくりよの門
ブラウザだから気軽に楽しめる、日本を舞台にした本格和風伝承MMORPG!最大10人で挑むリアルタイムバトル!強力なボスを仲間と討伐!

◆かくりょは2D視点のレトロな和風RPGゲームです

「かくりょの門」は僕が不定期で3年ぐらい続けているブラウザMMOゲームで、なかなかいいゲームです。
どの位いいゲームかというと、PSなどの秀作ゲームぐらいの面白さがあります。
子供の頃にゲームのエンディングロールを見ながら「このゲームがずっと終わらないで続けばなぁ」と思ったことありませんか?
かくりょの門は僕にとってまさにその「終わらないゲーム」なのです。
登場するキャラはかわいいし、BGMもすばらしい!
ストーリーも練りこまれていて、どんどん続きが読みたくなるんです。
でも最近は、結構過疎がすすんでしまっています。
もっと活気がほしいですが、3年ぐらいやっているゲームだから無理なのかもしれません。
友達にかくりょをすすめると、「確かに面白い。でも、まぞい」と言います。
かくりょは毎日コツコツと少しずつ積み上げていくタイプのゲームなので、最近のライトなゲームになれた人にはとっつきにくいらしいです。
確かにかくりよは「マゾゲー」で人を選ぶところがあります。
けど、最近ではライトに楽しめるように、色々とゲームの中で工夫がされてきました。
初心者でもライトにかくりょを楽しめる方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

gazou01

◆レベリングは「常夜の境」でおこなう

かくりょはレベリングがまぞいです。
キャラにはレベル以外にボーナスポイントというものがあり、これを埋めないと強くなれません。
沢山の式姫を育てないといけないのですが、常世の境を使えば簡単にレベリングができます。
常夜の境に行くには「常夜印章」が必要で行動ポイントと引き換えに交換出来ます。
平日時間がない人は常夜で行動ポイントを消費するのがオススメ。

◆箱庭要素を楽しむ

かくりょには沢山の箱庭を楽しめるアイテムが実装されています。
箪笥や布団、座布団、お茶碗、灯篭などなど、その種類は実に様々。
季節に合わせた樹木や装飾もあるので、季節感に併せた庭を自由に作って楽しめますよ。
最近では僕も庭作りにはまって、かくりょのログイン時間の大半を使ってますw
あと、他のプレイヤーが作った箱庭を「訪問」することができますよ!
他のプレイヤーの箱庭巡りはいろんなバリエーションの庭を見ることが出来て楽しいです。
gazou02

◆型紙集めは積極的に主催しよう!

かくりょでキャラを育てるのに型紙集めは欠かせません。
実はここが一番面倒な要素なんですよね・・・。
募集はあまりないので、自分から募集をしたほうが時間の無駄が無くていいです。
「でも自分みたいな弱い奴が募集なんてして大丈夫?」と不安になる必要はないです!
みんな強くなっているので、たいていのボスは瞬殺なので何の心配もないです。
寧ろ、募集してくれる人はありがたがられるので、積極的に募集しましょう。
しかし、龍神系の特に信濃以降の募集はそこそこの難易度があるので、初心者は募集主にはならないほうがいいかも知れません。

 

◆装備は☆つきの物を選ぶ

かくりょには生産システムもあるので、自分で作りたい!という人は製作を楽しんでもいいです。
けど、ライトに遊びたいと言う人は、市場で☆つきの装備を買うのが簡単でオススメ。
☆つき装備は型紙守護者からのドロップ品なので、供給過多で値段が安いのです。
とりあえず序盤のうちは、ドロップ品を装備していればなんとでもなります!
あとは、「無間武器」というのがあって、これは最高クラスの性能の武器で、「無間の狭間」のクリア報酬を集めることで貰うことができます。
無間の狭間は、一週間の間に到達した最も高い到達レベルを基準に報酬が決まります。
なので毎日やるマゾいコンテンツではなくて、力試しに気軽にやれるので、初心者にもオススメです。
けど、これは集めるのが相当大変で、上級者でも1~2ヶ月かかるので、そのうちとれたらいいな程度でやるといいです。
gazou03

◆迷ったら全体チャットで質問してみる

かくりょは昔から全体チャットが盛んなゲームです。
特に僕が遊んでいる、富士鯖は全体チャット垂れ流しサーバーとして有名です。
ここには初心者の質問に的確に答えることを生きがいにしている人たちが多数生息しているので、どんどん質問をぶつけていくといいと思いますよ!

以上のようなことを参考にすれば、マゾゲーであるかくりょもライトに楽しむことができると思います。
かくりょは面白いゲームなので是非遊んでみて下さいね!

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事