MMORPG
特集

2016-09-07 13:41:57

黒い砂漠:これだけは覚えておきたいスキルの効果!!

この記事に関連するゲーム

002

黒い砂漠
緻密で美しいグラフィック。アクション性の高いバトルモード。豊富で魅力あふれたコンテンツが目白押しの大型タイトル。サービス開始を待てっっ!

黒い砂漠のスキル効果を見てみると「○○アタック」や「○○時HP+××」といった文字を目にしたことがある人が多いかと思います。でも、実際にやってると黒い砂漠は攻撃をしてもダメージが数字で表示されないため、効果が実感できない!!という事が多々あります。

そのため、スキルの効果の中でも頻出する、あるいは覚えておくと戦闘時に便利な効果をまとめました。これらの効果を頭の片隅に入れておくだけでも戦闘の時のダメージが効率がだいぶ変わります。

ちなみに、今回ここに挙げるものはあくまでも「最低限覚えておきたい」「クラスに関係なく比較的よく出てくる」基本的な効果です。実際にはこれらの効果以外に「スピードアタック」や「エアーアタック」「カウンターアタック」などの効果があります。

スキル効果_ダウンアタック
画像は、WRのスキル説明欄、他の効果とは違い青い文字で「ダウンアタック」の記載があり、実際にダウンしている敵に使用するとダウンアタックを示す文字が表示されます。

1.ダメージ増加系の効果について

・クリティカル(不明)  ※ ()内はダメージ倍率

スキルに関係なく、キャラクターのクリティカルダメージ確率に応じて発生します。クリティカル自体のダメージ倍率は不明なものの、補助武器に「無限の魔力水晶-クリティカル」を装備する事でクリティカルダメージに更に追加ダメージを付与することが出来ます。

・バックアタック(1.5倍)
後ろから攻撃した際に発生します。こちらも使用スキルに関係なく条件を満たせば発動します。回り込むのは慣れるまで難しいですが、慣れてしまえば狙って後ろから攻撃できるためかなり強力です。また、使用する事で敵を回転させ、バックアタックを狙いやすくするスキルもあります。

・ダウンアタック(1.5倍)
ダウン状態の敵に対して、ダウンアタック属性を持つスキルを使用する事で発生します。バックアタックと並んで狙いやすい効果ですが、ダウンアタック属性を持っているスキルでないと効果が発生しないのがネックです。

2.HP回復系の効果について

スキルの中には打撃に成功した時に一定値HPを回復する効果を持つものがあります。このタイプの効果は、大きく分けて「打撃個体当りHP+○○」と「打撃回数分HP+○○」の2種類が存在します。一見すると同じように見えるこのスキル効果、実際にはかなり違った効果です。また、Lv50以降に利用できる「スキル特化」でも各種スキルに付与することが出来ます。
スキル効果_HP
画像はWRのスキル説明欄、「打撃個体当りHP+30のスキル」と「打撃成功時打撃回数分HP+50」というよく似た説明効果が存在しますが、実際の効果は別物です。

・打撃個体当りHP+○○
個体当り、という表現がされている場合には、スキルに設定されている打撃回数に関係なく「1度のスキルで巻き込んだ敵の数×回復量」が総回復量になります。そのため、乱戦で敵がたくさんいる場合には一気にHPを回復出来て安定するのに、敵が少ない状態で使用すると全然回復できずにそのまま死亡…という事が起きます。攻撃を行う際は周りにどれくらい敵が居るのかよく把握して使用するのがオススメです。

・打撃回数分HP+○○
こちらは個体当りとは関係なく、一度のスキル使用で打撃した回数分回復します。敵が1体しか居ない場合でも打撃回数分全て当たっていればHPを大きく回復できます。こちらの効果の場合には敵の数が少なくても回復量がある程度安定しやすい、という効果があり、高レベル帯のスキルにはこちらの効果が設定されている事が多いです。

3.まとめ

今回は攻撃系3種類とHP回復系に絞ってまとめましたが、これらの効果の違いを覚えておくだけでもだいぶ変わってきます。攻撃系に関してはこれらの効果を含めている場合にはスキルを連続して使用する事で上手くダウンアタックなどを活かせるため、色々と試してみて下さい。

HP回復効果は後半、敵の攻撃も強くなってくるレベルになるとこちらも非常に頼もしいスキルになります。もし戦闘中にダメージが痛いなと感じる事が増えたら一度スキルを見直してスキル特化やスキルの振り方などと合わせて考えてみると意外なほど楽に狩れたりします。

レベル上げに煮詰まってしまったら、こういった点も気にしつつスキルの振り直しをしてみてはいかがでしょうか。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事