PC
MMORPG
特集

2016-10-15 12:02:04

【黒い砂漠】クラス紹介(ブレイダー、ツバキ&ウィッチ、ウィザード)

この記事に関連するゲーム

黒い砂漠
緻密で美しいグラフィック。アクション性の高いバトルモード。豊富で魅力あふれたコンテンツが目白押しの大型タイトル。サービス開始を待てっっ!

今回は侍職であるブレイダーとツバキ。そして魔法職となるウィッチとウィザードについての紹介になります。
前回のウォーリアーの記事でも前置きしましたがウィッチとウィザードはまだ覚醒武器が未実装のためどうしても覚醒武器実装クラスより見劣りする部分は多いです。

ブレイダー(BD)

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc

SAMURAIおじさん。侍やりたい人はこのクラスをしましょう。
見た目は本当に侍おじさんです。それ以上でもそれ以下でもない。渋い武士みたいな感じです。刀だけでなく角弓も使うこともできます。覚醒武器は武神刀。覚醒武器実装済み10クラスの中でもかなり不遇クラス。侍やりたいなら刀愛でなんとか耐え抜け!

ウォーリアーやヴァルキリーと違って盾をもつことができないのでガード性能はありません。常に敵の攻撃パターンを把握しながら回避をしましょう。回避が重要なのにソーサレスのように優秀な回避スキルなどは持ち合わせていないです。

俗に言う上級者向けのクラスといえます。不遇クラスと先ほどいいましたが上級者が扱えば強いです。また動きも早くコンボもつながりやすいので爽快感もかなりあります。PvEなどの狩りでは回復ポットなどは必須なのであらかじめ準備をしておきましょう。
PvPは・・・がんばれ!

ツバキ(TB)

%e3%83%84%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%ad

SAMURAIお姉さん。女キャラで侍やりたい人はツバキ!
見た目はアジア系の顔をした美人なので日本人にはもっとも馴染みのある顔かもしれません。
覚醒をすると侍おじさんブレイダーとはまったくの別物のクラスとなり、タイマン火力が非常に高いです。その分とはいっては難ですが範囲火力性能は劣ります。

ブレイダーと違って回避性能、機動力が高いので集団戦などでは暗殺プレイなどもできたりします。PvE性能はブレイダーに分があるもののPvP性能ではツバキのほうが優れている部分が多いです。キャラの見た目、PvEを中心に遊ぶのか、PvPを中心に遊ぶのかでブレイダーかツバキを選択するのがいいでしょう。

ウィッチ(WT)

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81

魔法少女。女キャラで魔法職をやりたいならこのクラスを選びましょう。ソーサレスは魔法職ではないぞ!
魔法職あるあるではありますが狩りは優秀な範囲攻撃をもっているため比較的快適に行うことが出来ます。強力なスキルのリキャストがやや長いので少しそこだけは不便です。また範囲性能が優秀な分、単体火力では他クラスに比べて若干見劣りしてしまいます。また味方への強力な支援バフなどももっているためバッファーとしても実は優秀。移動速度はイメージどおり魔法クラスなので遅いです、防御面も脆いです。接近戦は苦手なので素早い判断、位置取りが大事になってきます。

PvPでのタイマン性能は低いですが、集団戦では非常に凶悪。優秀なデバフが多いのでかなりうざがられる存在。うざいというと良いイメージはもてないですが対人において「ウザイ」と思われるのは強い証拠です。防御面は脆いのであまり前にですぎないようにしつつ、相手をデバフで妨害する立ち回りが要求されます。
これでまだ覚醒武器は未実装なのでさらに強くなることは間違いないので今後のアップデートで注目のクラスでしょう。個人的には集団戦でさらに凶悪な存在になってしまうのではないか・・と思っていたりします。

ウィザード(WZ)

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

魔法おじさん、いやもはやおじさんではなくおじいちゃん。
キャラクターメイキングでは大賢者のような見た目のおじいちゃんを作れます。
性能がウィッチと現状全く一緒なので性能の説明についてはウィッチを参考にしてください。
覚醒武器の実装によりウィッチとウィザードの差がでるみたいなので覚醒武器アップデート待ちです。
現状はおじいちゃんなので性能が全く一緒なら魔法少女のウィッチを使用する人が多いためジャイアントの次に人口は少ないです。

覚醒武器未実装なので見劣りする部分は多いと前置きでは書きましたがすでに覚醒武器無しでこの性能なのがウィッチとウィザードです。今後のアップデートで化ける可能性がかなり高いので今から育てるのもいいかもしれませんね!

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事