PC
MMORPG
特集

2016-10-16 12:07:47

【黒い砂漠】キャラクターメイキング、髪型をいじってみよう!

この記事に関連するゲーム

002

黒い砂漠
緻密で美しいグラフィック。アクション性の高いバトルモード。豊富で魅力あふれたコンテンツが目白押しの大型タイトル。サービス開始を待てっっ!

今回は黒い砂漠の髪型のキャラクターメイキングについて紹介したいと思います。
私もいろいろなゲームをプレイしてきましたがこの黒い砂漠のキャラクターメイキングは間違いなくどのゲームよりも幅広く、様々な部分を細かくいじることができます。

キャラクターメイキングが苦手な人用の道も用意されているので安心してください。キャラクターメイキングが大好きという方、覚悟してください!何時間もPC画面とにらめっこすることになるくらい時間がかかりますよ(笑)。
キャラクリが黒い砂漠のエンドコンテンツなのではないか・・って思ってしまうくらいです。
それではキャラクタークリエイトをやっていきましょう。

ヴァルキリーをいじってみた

まずはクラス選択。自分の好きな見た目、性能をしたクラスを選択しましょう。
今回は私は完全に主観で一番好みであるヴァルキリー(VK)を選択します。異論は認めません。リトルサマナー作れやオラ!って怒られそうですが断固ヴァルキリーをいじらせていただきます(笑)。

各クラスのデフォルトに加えてキャラメイク選手権の最優秀作品をデフォルトで利用することができるようになっています。
キャラメイクが苦手な私のような人もこれで安心!デフォルトで十分可愛いのです。でも・・せっかく長時間一緒に冒険するキャラクター。さすがにデフォルトのままではオリジナリティとかも皆無なので少しいじりたいという人も多いですよね?
私もその1人です。ではヴァルキリーの最優秀作品をベースにちょっといじっていってみましょう。

 

%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a1%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%81%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e4%bd%9c%e5%93%81
▲ヴァルキリー、最優秀作品

髪型

右上のカスタマイズボタンを押して髪型を選択します。
これで髪型をいじることが可能です。大体のゲームだと髪型の種類とカラーを選んでおしまいだと思いますが黒い砂漠は違います。まずはベースとなる髪形を「種類」という項目で選びましょう。今回は完全に私の好みでデフォルトのままのロングヘアーをチョイス。好みの髪型を選択したら次に「形」という項目を選んでみましょう。

この「形」が黒い砂漠のキャラクタークリエイトの最大の特徴であり、最大の難関であり、最も個性の差がでる部分です。キャラクタークリエイトが苦手という人はいじらないほうが無難に仕上がることが多いので無理していじる必要は無いです。デフォルト髪型でも十分完成しているので。

今回は私は極端な例でいじっていきます、形をいじると同じ髪型の種類でもどれだけ差がだせるのかってところがわかっていただければ嬉しいです。
わかりやすく髪色を黒色に変更していじってみましょう。

 

%e5%bd%a2%e7%8b%ad%e3%82%81%e3%82%8b▲形狭める

後髪の縦幅や横幅を極端に狭めてみるとこんな感じになります。

%e5%bd%a2%e5%ba%83%e3%82%81%e3%82%8b▲形広める

逆に後髪の縦幅や横幅を最大設定にするとここまで髪の毛が長く見えます。
これだけでもだいぶ印象が変わります。もはや別の髪型ですよね。
ここからさらに髪の部位ごとに長さをいじることができるのです。「形」項目の長さをいじってみると違いは明らかです。

 

%e9%95%b7%e3%81%950
▲長さ1、設定0

%e9%95%b7%e3%81%95100▲長さ1、設定100

ここまで長さをかえることが可能です。
形をいじるのは苦手でも長さだけはいじりたいって人はこの長さだけをいじるようにすれば極端に形を崩すことなく髪型に少し特徴をだすことが可能です。カールというのはその名のとおり髪の毛をクシャっとさせる設定です。
ちなみに最大設定すると・・・

 

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab
▲カール

どこかの民族のような見た目になってしまいますね(笑)。
程よくカールさせると癖毛風にすることができます。

最後に自分の好みの髪色にして髪形はおしまいになります。
今回は褐色ブロンドキャラをつくろうと思うので私は白に近い金髪を選択。

%e9%87%91%e9%ab%aa
▲金髪

 

以上で髪型のキャラクターメイキングの説明を終わりたいと思います。
髪型だけでこれだけいじれる部分があるのです。
顔はさらにいじれる部位が多いので大変ですね・・・。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事