PC
MMORPG
特集

2017-04-05 17:00:07

黒い砂漠のクラス紹介 「ジャイアント」

この記事に関連するゲーム

黒い砂漠
緻密で美しいグラフィック。アクション性の高いバトルモード。豊富で魅力あふれたコンテンツが目白押しの大型タイトル。サービス開始を待てっっ!

この記事は2017年3月末時点でのアップデート(ダークナイト実装済み、覚醒武器はダークナイト以外実装済み)に準拠した内容となっています。今後のアップデートで性能などが大きく変化する可能性があります。

GA画像1

ジャイアントってどんなクラス?

ジャイアントは、黒い砂漠がサービスを開始した初期から存在する4つのクラスのうちの1つです。武器は、未覚醒状態がアックスと補助武器に組み糸飾り、覚醒状態は片腕に大砲を取り付ける特殊な武器「バスターガントレ」が使用可能です。種族はジャイアント(黒い砂漠に登場する種族の1つ)の男性、名前の通り大柄で人間の男性とは少し異なる外見をしています。大柄なためか、建物の入り口に引っかかり、一旦背をかがめてから中に入るなど、細かい作りが垣間見えるクラスの1つでもあります。

GA画像2
覚醒武器「バスターガントレ」と一緒に実装されたアバター「グロスギガント」

覚醒前は2本の斧による連続攻撃と、体躯を活かしたキャッチ系スキルによる戦闘が主体になります。主力スキルは、低威力の多段攻撃かつスキルのレベルが上がる事により連撃回数が増える仕様なため、ゲーム開始すぐの低レベル帯では少し使い辛さを感じる面があります。反面、Lv50前後まで育ってくると、持ち前の高いHPと低倍率ながらもヒット数の多い主力スキル、豊富な行動阻害系のスキル、大幅なHP回復が見込めるよう上方修正されたスキルなどが充実します。これらを上手く使う事で初心者でも死に辛いため、初心者にもおすすめです。

覚醒後は右腕前腕部に嵌める大砲型の武器「バスターガントレ」を装備します。バスターガントレは打撃しながらの砲撃を行うため、大砲でありながら近接攻撃が主体になりますが砲撃の反動を利用した移動スキルや、中距離の砲撃スキルなども使用可能になります。また、覚醒前が低威力の多段ヒット系スキルが多かったのに対して、バスターガントレは威力・ヒット数ともに平均的なスキルと高威力で少数ヒット系のスキルがメインになります。

狩り性能

狩りの性能は、覚醒前後ともに平均的な効率です。覚醒前は敵を集めて、攻撃スキルを使用すれば簡単に倒せるため、敵を欲張ったり、Lvが離れたりしない限りは安定して狩りをすることが出来ます。覚醒後は再使用時間の短いHP回復効果付きの攻撃スキル追加に加えて、スーパーアーマー付きのスキルが多数追加されるため、覚醒前よりも忙しくなるものの安定感は更に増します。全体的に見ると効率そのものは並程度ですが、とにかく狩りやすいクラスです。特に覚醒後はポーションの持ち込み数を減らせます。その分重量に余裕ができるため、所持重量の少ないキャラでも長く狩りを続けられるというメリットがあります。

対人性能

ジャイアントの場合、対人コンテンツで輝くのは覚醒後です。拠点戦などのGvGコンテンツでは、弱点である足の遅さがそれほど気にならず、かつ豊富なキャッチスキルを活かせるポジションとして自拠点の防衛を任されることが多いです。妨害さえ出来てしまえばある程度貢献できるため、装備が多少弱くても何とかなるのも大きなメリットです。また、アリーナやPKといった1対1の場面でも、キャッチスキルの優秀さが更に光ります。ダウンした相手にダメージが増加するスキルが揃っているため、キャッチで投げてダウンさせたところに攻撃を打ち込む、といった具合に戦う事が出来ます。

まとめ

ジャイアントは最大HPが高く、減ったHPを回復するスキルなども比較的多いため、狩りでは覚醒前後ともにポーションを使わなくても狩りが出来るほどです。そのため、ウォーリアーと並んで初心者でも扱いやすいクラスの1つです。装備が揃いきっていない1体目のキャラでも安心して使えるため、黒い砂漠に初めて触れるような、初心者の人にもおすすめです。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事