PC
MMORPG
特集

2017-04-05 19:29:44

黒い砂漠のクラス紹介 「ヴァルキリー」

この記事に関連するゲーム

黒い砂漠
緻密で美しいグラフィック。アクション性の高いバトルモード。豊富で魅力あふれたコンテンツが目白押しの大型タイトル。サービス開始を待てっっ!

この記事は2017年3月末時点でのアップデート(ダークナイト実装済み、覚醒武器はダークナイト以外実装済み)に準拠した内容となっています。今後のアップデートで性能などが大きく変化する可能性があります。

VK画像1

ヴァルキリーってどんなクラス?

ヴァルキリーは片手剣と盾、覚醒武器として巨大な槍「ランス」を扱う事が出来る近接系のクラスです。種族はソーサレスと同様に人間の女性ですが、あちらと比べると西洋の戦士や騎士に近いデザインになっています。ウォーリアーとは主・補助武器が共通していますが、装備したときの外見は異なり、ヴァルキリーで片手剣を装備すると、レイピアのようなデザインが適用されます。

VK画像2

ランス実装と同時に実装されたアバター「サンシュヴァリエ」

覚醒前は、剣技と神聖系の魔法を絡めた戦闘スタイルになります。回復スキルや自分の防御力を増加させるスキルがあるため、防御面では他のクラスよりも頭一つ抜きん出ています。ウォーリアーと同じ名前のスキルがいくつか存在しますが、単純な性能に関してはウォーリアーのほうが強力ですが、ヴァルキリーはその分魔法による攻撃やバフ効果などがあるため、一概にウォーリアーの下位互換という訳ではありません。

覚醒後は、巨大な槍と盾「ランス」を装備可能になります。盾はガード時に防御力増加バフが発動する上、ガードしながらの移動も出来るためウォーリアー以上に鉄壁の防御力を誇ります。更に周囲の味方プレイヤーのHPを大きく回復させるスキルを持つため、集団戦でのアシスト能力も高いです。攻撃面でも、多数のクリティカル率100%の攻撃スキルと高いスキル倍率のおかげで防御型のようでありながら、火力も申し分ありません。

武器はウォーリアーと共有できますが、スキルの発生速度は基本的に「詠唱速度」の潜在力に依存します。そのため、ウォーリアーの装備をそのまま使うと速度面でアドバンテージを得られないため注意が必要です(ウォーリアーは攻撃速度依存)。

 

狩り性能

 

覚醒前後に関係なく、飛び抜けて効率がいい方ではありません。しかし、回復スキルがあり、能動的なガードが使える事などもあってか安定感はかなり高く、攻撃に必要なリソースの回復もノーコストで行えるため、持久性に関しては全クラス中トップクラスと言えます。一方で、ある程度の距離を移動するタイプのスキルを持ち合わせていないため、覚醒の有無に関係なく基本的に機動力は低めです。覚醒前は、再使用時間に関係なく発動でき威力も申し分ないスキル「シールドスロー」などを使用する事で、ダメージを稼ぐことが出来ます。覚醒後は、攻防ともに更に強化されるため効率も高くなります。

対人性能

対人性能は、攻防ともに高水準なものの足が遅い点が致命的な弱点になっています。そのため、逃げられると追いつくことが出来ず、逆にこちらから一気に距離を詰めることも得意ではありません。集団戦である拠点戦では、主にウォーリアーと一緒に前線を支える役を任される事が多いです。ウォーリアーと比べると、味方を回復させる事などが出来るため、よりアシスト役に向いています。個人戦は、攻防ともに高水準なため弱くは無いものの、やはり足の遅さがネックとなっています。そのため、こちらから何かをするというのは不得手ですが、突発的なPKに対する対応能力は比較的高い部類です。

まとめ

ヴァルキリーは高水準の防御能力と回復能力に加えて多少の火力も発揮できるため、黒い砂漠が始めたばかりで装備が揃っていない人でも安心して使えるクラスです。そのため、初めて黒い砂漠に触る人におすすめです。また、覚醒後は高い火力と突出した防御性能に味方の回復、敵を吸い寄せたりと、拠点戦で役に立つスキルが多いため、装備が揃った後はちょっとした要塞のような活躍をすることが出来ます。頑丈さを重視した鉄壁のキャラを作りたい人にもおすすめのクラスです。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事