タワーディフェンス
アクション

【萌酒ボックス】日本酒が擬人化!?萌酒ボックスを取材してみた

お酒の擬人化!タワーディフェンス&酒造りシミュレーション

【萌酒ボックス】日本酒が擬人化!?萌酒ボックスを取材してみた

【萌酒ボックス】日本酒が擬人化!?萌酒ボックスを取材してみた 公式ページへ

どうもfGame管理人のカッキーです。

今では艦隊や戦闘機の擬人化などが定番化している世の中ですが、日本酒も擬人化してしまいました。それが2019年の11月18日にリリースしたばかりの株式会社スマイルアクスさんによる「萌酒ボックス」です❗️昔から食べ物の擬人化だとアンパンマンが居ますがお酒の擬人化は新しいですね。今回スマイルアクスさんの担当の方に直接取材に伺い萌酒ボックスのゲーム性やアピールポイントについて聞いてきました。

 

▪️ついに酒の擬人化まで、日本はすごいことになってますね

 

このゲームの最大の魅力は日本酒からイメージされた美麗なキャラクター(以下:酒守)ですが、デザインは日本酒の味やラベルのイメージだけではないと担当の方は話します。直接酒蔵へ出向き蔵元や関係者と話して酒守のデザインを決めているそうです。「自分たちのお酒をこうして欲しい」と真っ直ぐで純粋な思いを話す方から「自分好みの酒守にしたい」と趣味に走る方まで様々な意見をベースにしていると担当の方は熱く語ります(スゴかった)
その代わり酒守の性格や配色は実際の味や酒蔵の地元色を強く出す様にしているそうです。

 

ゲーム性は一言で言うとタワーディフェンスですが、そこまで複雑ではなく操作もしやすくシンプルなので抵抗なくできると思います。自陣の筆頭がやられない様に酒守を配置して戦いましょう。タワーディフェンスが初めての方や苦手な方もオートプレイ機能があるので安心です。このバトルでは日本酒造りの為の素材やお金がドロップします。一般的なタワーディフェンスは戦略性を問われたりキャラクターの性能を把握する必要がありますが、このゲームの醍醐味はさらにその先にあります。

 

▪️タワーディフェンスとは簡単に言うと敵から自分拠点を守り抜くゲームです

 

先ほどのバトルで手に入れた素材で実際の酒蔵と同じ醸造過程で「日本酒」を作るのが萌酒ボックスのメインコンテンツになります。ゲームをプレイする→素材を手に入れる→日本酒を作る。このゲーム、実は日本酒作りシミュレーションゲームでもあるのです❗️

基本プレイ無料のゲームではキャラクターを手に入れるにはいわゆるガチャが定番なのですが、萌酒ボックスはガチャではなく自分で「日本酒」を作って酒守を手に入れる仕様になります。これには「ガチャにお金を使うのならばそのお金で実際の日本酒を買って欲しい」という願いが込められています。スマイルアクスさん深すぎです・・・

 

▪️イラストはとても凝っていて声優さんも豪華です❗️美少女だけでなくイケメンもいますぜ

 

そうはいっても日本酒の作り方なんてわかりませんよね?作るのに必要な材料は

  • 種麹

これはゲームをプレイしていればすぐに集められます。どんなお酒も材料は同じなのですが醸造過程によってできるお酒が変わっていきます。醸造過程は酒造りカードになっていてそれを組み合わせるだけで自分のお酒を作ることができます。自分の好きな酒守を作りたい時はヒントとしてキャラクター詳細に各々のレシピがあるので同じ酒造りカードにする事で欲しいキャラ(日本酒)の出現率があがります。お酒造りの知識が無くても問題はありませんね♪

 

▪️ガチャは存在せずキャラクターは自分でゲットしていく仕様。神ゲーか❗️

 

酒造りカードはバトルでドロップしますがお酒を作る時に消費してしまいます。しかしバトルを行っていればすぐ集まるので勿体ぶらずにどんどん使いましょう。ちなみにどれだけお酒を作ろうとも一度に消費するカードの数は1枚なのでなるべく同時に多くのお酒を作った方がお得です。

 

▪️実際にお酒を作るシーン。下のカードを使って様々な日本酒を作る

 

ざっくり説明したところでそろそろプレイを初めようと思います。最初に年齢確認がありますがお酒が飲めない年齢でもプレイは出来るので安心してください。でもお酒は20歳から‼️

 

▪️最初にもらったキャラ。担当の方曰くプレイしていれば全員普通に揃うみたいです

 

とってもカワイイ酒守をゲットしました。やったぜ❗️
チュートリアルで酒守をもらった後は説明が入りつつゲームを進めていきます。最初に貰えるキャラはおそらくバラバラですが気にせず進めていきましょう。いずれみんな会えます

 

▪️タワーディフェンスはあまり得意ではありませんがオートプレイ機能に救われています

 

まだまだ始めたてなのですぐ敵に追い込まれますがオート機能でもしっかりプレイできます。タワーディフェンスが上手い人ならもっとスムーズにできるはず。困ったら右下の神器という必殺技を使えば敵が一掃できて気持ちいいです。「戦いは数だよ兄貴」という言葉があるように最初はキャラクターを育てることより数を揃える方が重要だと思います。

 

▪️こんな感じでお酒を作っていきます

 

なるべく一度にたくさん作る方が酒造りカードを無駄に消費しない為おすすめです。ここで作成したお酒を祀ることでいろんなキャラをゲットできます。いい素材(米・水・種麹)を使うほどレアリティの高いお酒ができるらしいです。

 

▪️さきほどのお酒を祀ることでキャラクターをゲットできます

 

最初にゲットした「御代櫻 あさひの夢」をあっという間にまたゲットしました。レアリティに拘らなければ全員すぐに集まるのはとてもありがたいことです。レアリティが上がるほどステータスも上がるのですが、消費アイテムによる祀り直しで(リロール)ステータスの振り分けのやり直しができるので狙ったレアリティを手に入れることもできます。

 

ここまで萌酒ボックスをプレイしてみてPSの名作「俺の屍を超えてゆけ」に近い物を感じました。和風テイストな雰囲気と強いキャラクターを自分で作っていく部分が重なって見えます。とにかく強い酒守を作るのがほんとーに楽しいです。肝心のタワーディフェンスもオート機能があるので割と楽にできます。オート機能は経験値上げの周回プレイの時にも役立ちます❗️

 

最後になりますが、スマイルアクスさんは萌酒ボックスで日本酒をもっと知って欲しい思いで制作されています。みなさんも是非このゲームで日本酒に興味を持って頂けると幸いです。ちなみに協力している蔵元さんは多くこれからどんどんキャラは追加されていくそうです❗️

まさかゲームの記事を書いていてお酒の話題に触れるとは思っていませんでしたが萌酒ボックスに僕は毎日のめり込んでいます。強いキャラを自分で作って育てる部分がいいんですよね。あとプレイしているうちに日本酒の名前(銘柄)も自然と覚えてきます❗️宜しければスマイルアクスさんの萌酒オンラインショップもありますので覗いてみてはどうでしょうか?僕はパートナーの「御代櫻 あさひの夢」をこちらで注文させて頂きました。ここまで読んで頂きありがとうございます、それでは❗️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【萌酒ボックス】日本酒が擬人化!?萌酒ボックスを取材してみた 公式ページへ

  • おすすめ特集記事