PC
特集

2016-07-07 14:41:16

【ドラクエモンパレ】(入門編) モンスターの強化方針と役割

この記事に関連するゲーム

ドラゴンクエスト モンスターパレード
いにしえの巫女を探せ!さもなくば世界は滅びるだろう・・・・! PCブラウザ初の「ドラゴンクエスト」

2016年07月05日20時42分の画像

「さくせん」から、モンスターの行動を限定的にできるので、個別にモンスターに役割を持たせると戦術性の高いバトルが可能になるぞ。
ランクが低かったり弱点が多い、更にはステータスが低めのモンスターでも役割によっては日の目を見れるようになるので悲観せずに活用方法を見出そう。

 

バトルスタジアムで役割が大事

ストーリーを進めるとバトルスタジアムに参加できるようになる、スタジアムでは特にモンスターの役割が重要になるだろう。
役割をや特性を考慮した上でバランスを考えて選んだモンスター達は束になった時にその強さを発揮できるといえる。隊列の関係と似たようなもので、特定の役割への向き不向きもあるし、そのポジションを任せられるようになるには時間も必要になるので、年頭において計画的に育成していくといい。

 

攻撃担当

物理的な攻撃がメインの場合は高い攻撃力が欲しい、勿論ヒットポイントも高ければ高い程頼もしい。バトルスタジアムでの利用が前提の場合はすばやさも重要だ。それに加えて防御力もとなれば中々モンスターを選べなくなってしまう。攻撃力、耐久力、俊敏性、守備力、どれかに偏らせて特化させた方が頼もしいアタッカーとして任せられる。

呪文での攻撃でダメージを稼ぐ場合は賢さが高いのは勿論、ヒットポイントとマジックポイントもなるべくほしいところだが、高いかしこさを持っているキャラと耐久力を兼ね備えるのは序盤では難しい補助や強化で補うなど、策を練る必要があるだろう。

特技は攻撃用の特技は勿論だが物理でのダメージがメインであれば多少手薄になってもしばらくは問題は無いが、空中に攻撃ができないという場合は一方的にやられてしまう。回復系や妨害系の補助の方が強化系よりも殲滅に積極的な印象があるので、できればそちらをオススメしたい。

 

回復担当

とにかく高い賢さが求められる、その理由は回復量に直接影響があるからだ。
シリーズでお馴染みの回復モンスター「ベオイミスライム」などは優秀な回復担当になるが、ただ回復が唱えられる程度のキャラだと回復が追いつかないという状況にもなるので注意しよう。

上級職の呪文だとMPの消費も多くなるのでMPに余裕が無いといけないが、蘇生呪文を使うのが前提となるとある程度のヒットポイントを持っていないと先に蘇生役が落ちてしまうという状況にもなってしまうのでバランスが難しい。出来れば蘇生が前提のパレードよりは回復を潤沢にすべく数体の回復役がいるのがベストだ。更には場車内にサブ要因がいると安定度が増す。

回復担当に関しては、回復形の特技意外は覚えさせず回復に専念させるといい
他の系統の特技は多くても一種類で強化など用途が似たようなものにしておくと使い勝手が変わらず扱いやすい。

 

強化担当

回復ではなくサポート専門ということでスクルトやバイシオンなどが主になる、前線が物理アタック専門ならバイシオンは必須だし、呪文がメインならインテラが必要だ。
あまり沢山覚えさせると絞れないので限りなく数は少なく絞り2~3までにして確実に強化が行き届く状態を確保しよう。戦力の増強時間を確保できるかが鍵になる場合もあるので割と重要な役割。

 

補助担当

補助といっても回復ではなく、攻撃の補助としてポジション。もし前衛の攻撃力が潤沢であれば撤廃してもいいかもしれない。
もし使うのであれば「あまい息」や「やけつく息」などの無力化を狙えるものを多用させるとパレードの攻撃バランスがとれていい。敵のモンスターが防御力が高いなどの場合にも「ルカナン」で下げれば何とか対等になるといった状況も作り出せるのは嬉しい。

作戦を変更すれば持ち合わせの特技によっては攻撃役にもなるので、主戦力の補佐的な役割で存在させると頼もしい戦力なる。メインが存在してこその補佐なので、優先順位は低めでいいが、意外になモンスターを配置すると機能するので色々試してみよう。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事