MMORPG
特集

2016-07-19 14:44:51

PSO2:チャレンジクエストって何だろう?

この記事に関連するゲーム

ファンタシースターオンライン2の画像 1

ファンタシースターオンライン2
日本が誇るSEGAのオンラインブランドゲームの決定版!ジャパンクオリティの本格コンテンツを君はもう体験したか!ファンタシースターオンライン2

画像1

チャレンジクエスト、みなさんも少しは耳にしたことはありますよね。特定の共有ブロックに行くことによって受けることができるクエストです。
でも、これを挑戦する人はあまり多くはないのでは……と私は思っています。
そして、そんなチャレンジクスストについてサラッとご紹介しますね。

そもそもどこいけばいいの?

画像2

まず普段のロビーにあるクエストカウンターではクエストを受けることができません。この上の画像のように、クエスト欄が表示されないようになっています。
ではどうすればいいのか?クエストを受けるためには共通シップに向かいましょう。

画像3

皆さんもブロックが満杯だと別のブロックにむかいますよね?テレポーターを使って…そのテレポーターの一番上に共有シップというのがあります。またはその一番下に共用チャレンジ推奨というのもありますので、そこを使いましょう。あとはチャレンジクエスト専用ロビーに移動できますのでそれでOKです。

レベル1?装備もアイテムも取得したPAすらない!どういうこと?

チャレンジクエストのロビーに行くとクラスレベルが1になり今まで装備していた装備品または所持してたアイテム他にはPAがない状態になります。でもご安心を、あくまでこのチャレンジエリアにいる間だけなので、所属シップに戻れば元の状態に戻ります。付け加えるとチャレンジエリアにいるときはクラスがチャレンジャーとなっており、このクラスはすべてのクラスの装備・PA・スキルといったものを使うことが可能という特殊クラスとなっています。

画像4

クエストはどんなのを受ければいいの?

チャレンジクエストでは二つのクエストを受けることが出来ます。【決断】または【始動】ですね。

決断:チャレンジクエストを初めてやる方にはお勧めなクエストです。事前知識もさほど始動と比べて必要なく、クエストクリアに時間がかかりません。これで少しずつこういったクエストに慣れて行きましょう。
しかし、取得するマイルが少ないという難点も存在します。

始動:初めてやる方にはまずお勧めすることが出来ないクエストです。準備するものとして事前に始動に関する予備知識が必要であり、決断のように短いクエストではなくクエストクリアにかかる時間がおよそ1時間半ぐらいかかります。
こういった面倒なものが満載しているクエストではありますが、その分の見返りとして取得するマイルが多いという利点も存在します。

チャレンジクエストってどんなシステム?

チャレンジクエストには独自のシステムがあります。その筆頭として挙げられるのが、【VRエネルギー】となります。

このVRエネルギーはクエストクリアにかかわるものではあり、このエネルギ―が切れた時点でクエストは終了となります。

なので、いかにこのエネルギーを切らさないようにししてある程度のエネルギー量を保ったままにしておくことがこのチャレンジクエストクリアの要となっています。

VRエネルギーが減る要因について
・時間経過とともに減っていくこと。(プレイヤーの人数が多ければ多いほどエネルギーの減りも早い。始動での推奨人数は8人とされている)
・プレイヤーの戦闘不能によって減る(ムーンによる復活ではなくチャレンジドールによって復活した場合はエネルギーが減らない)

このようにVRエネルギーが減っていきます。ならば、回復するためにはどうすればいいのか。それがクエストエリアごとにある【VRカプセル】です。

このVRカプセルは大・中・小とあり、大が一番回復量が多く、小が低いとなっています。そして注意することがあり、VRゲージが満タンの状態でこれらのカプセルを拾った場合、過剰分のエネルギーは切り捨てられます。なので、気を付けましょう。

最後にミッションが終了するとチャレンジマイルが取得できます。その量はそのミッション結果によってまちまちですが、貯めれば交換ショップでアイテムと交換することが出来るので、貯まったら向かってみましょう。

チャレンジクエストに向かうということは何がしかのアイテムが欲しいということだからおそらく皆さんも知っていると思います。

……イデアル装備とかね。あれ貯めるのが大変なんですよね。私も属性60になるまで、マイルをためて交換しましたがあまり使っていません。

ボス相手には強い装備なんですがね、何故か倉庫で放置されています。違う職をやってるせいなんですけどね。

ではでは、これで終わりたいと思います。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事