MMORPG
特集

2016-08-23 19:09:34

【PSO2】サモナーの初めて使う人へ ペットの基本について

この記事に関連するゲーム

ファンタシースターオンライン2の画像 1

ファンタシースターオンライン2
日本が誇るSEGAのオンラインブランドゲームの決定版!ジャパンクオリティの本格コンテンツを君はもう体験したか!ファンタシースターオンライン2

EP4から実装された、非常に特殊なクラスである<サモナー>。

今回はこのサモナーについて紹介していこうと思います。

初心者向けという事で、ここでは基本的な立ち回り方について触れてみます。

大前提として、タクト装備のプレイヤーは非常に貧弱な攻撃しかできません。サブクラス等の別武器種も本職ほど満足に扱えません。

ですので自分自身の攻撃ではなく、『手持ちのペットを使い分けて戦うこと』が重要になります。

ヘイトはプレイヤーとペットで別々なので、ペットが倒れるなど余程のことが無い限りプレイヤー側にヘイトが飛ぶことはありません。しかし、あまりペットとエネミーに近づきすぎると流れ弾を受けてしまうので、『ある程度の距離を置きつつペットに指示を出していく』のが基本となります。

プレイヤーと違い、ペットは一度攻撃指示を出しておくと次に何かの指示を出すまで自動で攻撃を続けます。ネトゲによくある、いわゆるオートアタック状態です。

現状実装されているペットは7種類で、それぞれ性能や動きが全く異なります。ここではとりあえず、基本の3種類(ワンダ・トリム・サリィ)について簡単に解説していきます。

画像①

 

ワンダ

HPの高さと優秀な範囲攻撃で、対雑魚戦が得意な犬型ペット。
基本的な入門用ペットとして使いやすい性能ですので、まずはこれでペットの操作に慣れるといいでしょう。

初期習得済みのPAは3種類で、特に「ワンダアサルト」はロックオンした箇所に向かって突撃した後プレイヤーの近くに戻ってくる使い勝手の良いPA。ペットにレスタやシフタなどを掛けたい時に有用です。

またLv20で習得する「ワンダショック」は広範囲のダウン付与技であり、ワンダの要となるPAなので、なるべく早くLv20まで成長させてあげるといいでしょう。

基本的には攻撃指示の後はスライサー、ブレイクなどを使いつつ、HPが減ってきたらアサルトで手元に呼び戻すという動きになるでしょう。全体的にPP消費が重いので、PP管理には注意が必要です。

画像②

トリム

高速移動と高火力の代わりに非常に打たれ弱いペットです。乱戦には不向きなので対単体戦、特にボス戦向きと言えます。

初期習得済みPAは3種類、中でも「トリムスタッブ」が圧倒的な速度・射程・PP効率を誇る優良PAとなっています。感覚としては高速になったアサルトライフルのピアッシングショットに近く、ロックした箇所までの道中全ての敵を貫通します。

挙動速いので、肩越し視点なら緊急回避にも使うことができます。
「トリムバレット」はワンダアサルト同様手元に戻る挙動をするので、打たれ弱いトリムを素早く回復するのに役立ちます。

トリムバレットを撃ち込み、トリムスタッブで突撃、トリムスラッシュや自動攻撃をさせつつ危険になったら再びバレットで呼び戻す・・・といった動きが安定且つPP消費も少なく済みます。

画像③

サリィ

常にプレイヤーを追従する、法撃タイプのペットです。サポートとは名ばかりの遠距離攻撃特化です。

他のペットと違いプレイヤーに追従するという仕様上、エネミーの攻撃にプレイヤーが巻き込まれやすいという欠点を抱えています。

初期習得済みPAは3種類。中でも「サリィフォール」はゾンディールのような吸引効果をロック箇所に発生させるもので、プレイヤーの安全確保に一役買ってくれます。

Lv40で習得する「サリィテリトリー」は高火力を出せる強力なPAですが、ノックバックや怯み効果はないので動き回るエネミーには当てづらいのがネックです。

無理にPAで戦うよりも、他のペットで枯渇したPPを遠距離通常攻撃で素早く回収するPP回復係とするのも一考かと思います。

ペットはレアリティが高いほど優秀なステータスになり、☆12や☆13のペットともなると凄まじい攻撃能力を発揮するようになります。ですので、低レアリティのペットしか使えない状態ではサモナーの真価を発揮できていないともいえます。

ある程度レベルが上がってきたら、各種緊急クエストなどで高レアエッグを狙っていきましょう。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事