MMORPG
特集

2017-04-05 19:04:46

PSO2のバトルアリーナ、エンブレム争奪戦の説明とコツを簡単に紹介!

この記事に関連するゲーム

ファンタシースターオンライン2の画像 1

ファンタシースターオンライン2
日本が誇るSEGAのオンラインブランドゲームの決定版!ジャパンクオリティの本格コンテンツを君はもう体験したか!ファンタシースターオンライン2

PSO2に遂に実装された対人戦コンテンツ、「バトルアリーナ」について簡単にではありますが解説させていただきます。

そもそもPSO2はPvPと呼べるコンテンツが今までは全くなく、バトルアリーナの実装には誰もが期待を寄せていました。一度はPSO2で対人戦というものを試してみたいと思うのは一プレイヤーとして当然のことですね。

そして、今回解説するのはバトルアリーナ内のPvPコンテンツ、「エンブレム争奪戦」にピントを合わせて説明していきます。

#エンブレム争奪戦とは?

画像1
エンブレム争奪戦とは、各プレイヤーが「エンブレムポイント」というものを所有しており、それをどちらの陣営が制限時間内に多く入手しているか否かで勝敗を決するゲームとなっています。

まず、総プレイヤー数は12人となっており、それを半々に分け、「青ユニオン」と「赤ユニオン」、二つのグループに分かれてから、対戦の準備が始まります。

そして、対戦フィールド内には青・赤・虹、三種類のエンブレムを存在しており、これらのエンブレムを入手しながら、相手プレイヤーを撃破していくのが一つの流れですね。

更に、各色のエンブレムのポイントはこのようになっています。

自軍の色のエンブレムを入手したら、1ポイントを取得。
相手の色のエンブレムを入手したら、5ポイントを取得。
虹のエンブレムを入手したら、10ポイントを取得。

一番ポイントが高いのが虹のエンブレムで基本はこの虹を多く集めることが「エンブレム争奪戦」というゲームの主軸ですね。もちろん、時には相手を撃破していくことも忘れてはいけません。

#武器は三つ、PAはバトルアリーナように調整されている

画像2

エンブレム争奪戦で使用される武器種は三つです。
ソード、ライフル、ロッドですね。そして、装備されているPAはランダム。

ソードはライジングエッジかノヴァストライク。
ライフルはピアッシングシェルかワンポイント。
ロッドはフォイエかゾンデかメギド。

そしてこれらのPA・テクニックはバトルアリーナ用に調整されていて、普段とは違った効果を発揮します。中でも「ライジングエッジ」は異常と呼べるほどその射程距離が伸びています。

普段のライジングエッジならば、まるで当たらないような距離でも普通に当てていくのがバトルアリーナのライジングエッジです。バトルアリーナでは最も注意しなければならないPAです。

私がバトルアリーナで使用する、おすすめのPAは「ライジングエッジ」と「ワンポイント」と「フォイエ」の三つですね。

ライジングエッジは先ほども言った通り、近接武器でありながら、射程距離が伸びており更には高火力の威力を所持しているので、一度当てればほとんどの敵は一撃で倒すことが出きます。

ワンポイントは他PAと比べて火力が低いですが、その分、攻撃速度が速く、何度も弾を連射するので、敵に当てやすい利点を持っています。相手へのけん制にも使えるので、虹エリアに相手を近づけないようにすることが可能なPAです。

フォイエは肩越し視点で使用すれば、広範囲に広がる火球が相手に当てやすいです。威力も中々高いのでアリーナでも有用なPAですね。相手の頭上にフォイエを放ってもこれが意外とよく当たります。壁に隠れている敵にも有効なので、うまく活用しましょう。

#アリーナで勝利するコツとは?

画像3

アリーナではポイントを多く取得したほうが勝ちです。そして敵を撃破すれば、相手が所有しているポイントを奪うことも可能なので、敵を多く撃破すればその分だけ勝利には近づくでしょう。

しかし、だからこそ、注意が必要なんです。つまるところ、自分も相手に撃破されれば、自分が所有しているポイントが相手に奪われてしまうということになるからです。

アリーナでは基本、先走ってはなりません。単独で複数いる相手に突っ込むことは愚の骨頂です。
無理はせず、機があれば奇襲し、虹の確保を最優先、そしてマップの確認は常に意識する。これがアリーナでの基本行動です。

中には一人で多くのポイントを入手するようなプレイヤーが存在しますが、そんな人こそ、これらのことをよく守っています。とにかく自分は撃破されないように注意し、相手に隙があれば、躊躇わず攻撃に入る。虹の確保はうまく味方と連携しながら確保していく。

単純なことですが、これがアリーナで勝利するコツです。

#まとめ

以上がバトルアリーナ、エンブレム争奪戦に関しての簡単な説明でした。
アリーナ内でのコツとかを理解しても、ゲームプレイ中は常に意識することが出来ないので、おそらく負けを重ねることが多くあるでしょう。
ですが、負けを重ねた分だけ、コツというものを実感してくると私は思います。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事