PC
MMORPG
特集

2016-10-07 11:42:23

【セブンスダーク】料理クエストとシステムについて!!

この記事に関連するゲーム

160728-0001

SEVENTH DARK(セブンスダーク)
七つの大罪を題材としたX-LEGENDの期待の新作ノンターゲティングアクションMMORPG!

今回は9月21日のアップデートで追加された料理システムについての記事を書いていこうと思います。料理に手をだそうかどうか迷っている人は参考にしてみてください!

料理の道

条件  :レベル40
受注場所:料理マスターディリス(神都メルバーレン404,232)
報酬  :経験値433083、608シルバー
クエストを受注後、ディリスの鍋をノーム族から取り戻す為にノームの食料庫というダンジョンへいくことになります。ノームの食料庫の入口は料理マスターディリスのすぐ後ろにあるダンジョンワープから侵入可能です。

ノームの食料庫

道中の食材看守ノームなどの攻撃はたいして痛くもなく、固くもないです。レベル40以上の条件を満たしているキャラクターならすぐに殲滅していくことができるでしょう。
食材看守ノームを倒していくと1グループ毎に「これからは食材をこっそり隠したりしないから」といってノームの食料ボックスというアイテムがでてきます。

 

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e9%a3%9f%e6%96%99%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9
▲ノームの食料ボックス

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a
▲ミニマップ

ミニマップで水色のダイヤの形をしたものがノームの食料ボックスなので拾い逃しをしないようにしましょう、ノームたちを倒したその場にボックスが落ちるわけではなく、あくまで”食料の隠し場所を教えてくれる”だけなので注意が必要です。
ボスなどもいないので最深部でノーム村の大鍋を入手したらダンジョンゲートから退出しましょう。

ノーム村の大鍋を料理マスターのディリスに報告したら無事にクエストクリアです。クエスト完了後からは料理用の大鍋というものがディリスの前にあるのでこれでプレイヤーたちは料理をすることになります。

食材集めは先ほど同様にダンジョン「ノームの食料庫」で集めることが出来ます。ただし1日2回までしかいけないので料理をやりたい人は毎日コツコツまわすことが大事でしょう。
他にはディリスから食材依頼書を購入することで特定のフィールドのモンスターが特定の食材をドロップするようになるのでそれでも食材は入手可能です。食材依頼書は500シルバーから高級な食材になると900シルバーのものまであり、しかも同じ依頼書は1日1回までという制限があります。

自力で食材を手に入れてくる以外にも1chの神都メルバーレンの露店で食材を売っている人もちらほらみかけるのでそこを確認してみるのもいいかもしれません。
レシピなどもディリスから購入可能で初級レシピで2.5ゴールド、最高ランクの超級実験レシピになると7.5ゴールドほどします。しかもこのレシピは消耗品なので1回料理をするたびに1つ必要になります。

ここまでみて気づいてる人も多いかと思いますが・・・料理めちゃくちゃ金がかかります!!私のフレンドにはずっと料理をしていたら気づいたら1000ゴールドもいつの間にか消えてたって人もいました。ってかみんなそんなにお金ためこんでたんかーい!!
きっとディリスさんはボロ儲けしているんでしょうねぇ。

 

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%b9
▲ディリス

こんな澄ました顔してやることやってるんやなぁ(ゲス顔)。

肝心な料理の仕方ですが単純です。
先ほど出現させた料理用の大鍋に話しかけると料理製作メニューがでてきます。

 

%e6%96%99%e7%90%86%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0▲料理システム

左の料理リストから作りたい料理を選択して、必要食材を必要個数もっていることを確認したら右下の料理開始ボタンをクリックしましょう。これだけで完成します。

料理には様々な効果をもつものがあるので自分で使用する料理、もしくは需要がある料理などを作ると金策にはいいかもしれません。
ただし、先ほどもいったようにかなり初期費用がかかるので初期費用分の回収をしてなおかつ利益をだせる自信がない限りは無闇に手を出してしまうのは危険かもしれません。金策目当ての人は注意です。ただ自分で料理をしたいだけだ!!という人はオススメです。

以上で料理クエスト、システム、現状の料理における儲けについての記事は終わります。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事