RPG
特集

2016-09-20 15:36:50

刀剣乱舞7-2攻略の必勝法!安定周回する5つのポイント

この記事に関連するゲーム

刀剣乱舞-ONLINE-
DMMゲームズとニトロプラスが贈る、刀剣育成シミュレーション!
主となり刀剣を束ねよ!
刀剣男士同士の会話も必見です!!

貞ちゃんこと太鼓鐘貞宗を手に入れたいけど、7-2の難易度が高すぎてなかなか安定周回できない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は7-2攻略に苦しむ方のために、ボスマスまであまり刀装を剥がさずにたどり着くコツをご紹介したいと思います。

%e7%94%bb%e5%83%8f001

1.統率を95以上にしよう

なかなかボスマスまで辿り付けない方は、部隊全員の統率値を「95以上」にしましょう。

これで金槍に遭遇しても、ぐっと刀装を剥がされにくくなります。中傷はどうしても負ってしまいますが、それでもボスマスまで辿りつける可能性はぐんと伸びます。

2.攻略のベストメンバーは?

統率95以上にするためには、盾兵、特に金盾兵を身に付けなければなりません。

それが可能なのは、大太刀3人(太郎太刀、次郎太刀、蛍丸)と3スロット太刀のみです。
よって大太刀と3スロ太刀の編成が一番安定すると思います。

残念ながら、石切丸は金盾兵を2つ積んでも統率95には届きません。

極の短刀たちは統率95に達しますし、かつ遠戦でサッと身をかくすこともできますが、まだまだレベルが低かったり生存値が低かったり、個人的にはおすすめできません。

今剣極レベル38を連れて何回も周回に挑みましたが、毎回重傷になって本丸に戻らざるを得なくなりました。

ただ、極のレベルが60以上あれば部隊に加えてもいいかもしれません。演練ガチパでも高レベルの極たちには敵わないので、大きな戦力になってくれるでしょう。

3.人によって盾兵のレシピにかなりの差が出る

代表的な盾兵のレシピは

・50/60/50/250
・70/50/50/251
・51/50/50/250

の三つだと思いますが、私の場合は50/60/50/250だ金の盾兵が一番出やすいです。

それぞれのレシピを30回×7日間ほど回してみましたが、近侍を誰にしていてもあまり変化はありませんでした。

下のふたつのレシピはどちらかというと槍兵が多く出ます。たまに盾兵も出るのですが、並が多いです。

人によっては51/50/50/250が一番良いというパターンもありますし、自分に一番合ったレシピを回すのが一番だと思います。

4.7-2に槍キャラは有効か?

攻略のカギは何といっても守備力(盾兵)だと言いましたが、槍には盾兵が装備できないんですよね。

でも刀装を貫通して敵本体に攻撃を与えてくれるのはやっぱりありがたいので、硬い敵が出てくる7-2にはどうしても入れたくなってしまいます。

結論から言うと、槍は部隊に入れないほうが無難です。いくら金槍兵でかためても、すぐに重傷になってしまいます。

たとえば蜻蛉切に金槍兵をふたつ装備させたとしても、統率はたったの63しかありません。
よほど運が良くないと、ボスマスに辿り着くまでに破壊されてしまいます。

日本号のように3スロットあっても、盾兵が装備できないのであれば、つまり統率が95まで及ばないのなら入れるべきではないと思います。

やはりここは3スロットの太刀と大太刀の3人でかためるのが一番安定する形でしょう。

5.策敵に失敗したら魚隣陣

これは賛否両論分かれそうですが、策敵に失敗したらとりあえず魚鱗陣にしておきます。
やはり攻撃は最大の防御だと考えているからです。

「スピード重視だけど、打撃と統率は下がる」という逆行陣を使っていた時期もありましたが、攻撃力が弱いせいで敵に少しのダメージしか与えられず、戦闘が長引いて結局ボコボコに撃たれる、という悲劇の繰り返しでした。

戦闘が短ければ敵は1ターンしかこちらにダメージを与えられません。もし3ターンも続いてしまったら、と考えると、私はやはり攻撃力重視でいきたいと思います。
そのための盾兵装備でもあります。

最後に、もちろんレベルは高ければ高いほど良いです。レベル90以上でないと、なかなか敵にダメージを与えられません。

もしも重傷になったら無理をせず本丸に帰還し、また盾兵をたくさん製造して上手に安定周回をはかりましょう。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事