MMORPG
ブラウザゲーム
特集

2017-05-06 18:32:03

ブラウザゲームで手軽に遊べるワールドエンドファンタジーだけど遊びごたえは充分

この記事に関連するゲーム

world

ワールドエンドファンタジー
ついに日本上陸!全世界30か国で展開されるターン制MMORPG。新たなファンタジーの世界を創造!

ブラウザゲームとしては、かなり凝った作りのゲームと言えます。世界中でかなりのプレイヤーが参加していると言うのも、頷ける出来上がりではあります。
画面もキャラも綺麗なので、それだけで目にも優しいゲームになっていますね。

・職業の選び方としては

職業は3種、戦士、魔術師、アーチャーからの選択になります。正しくRPGのスタートと言えますね。
この3種ですが、どれを選んでもそれほど差はありません。どの職種が偏って強いとか使いづらいとか言うことが無いのは、かなりありがたい仕様です。
ただし戦士の場合、範囲攻撃が使えるようになるのにいささか時間がかかります。範囲攻撃スキル習得までが、敵の殲滅が少々面倒になるので、サクッと気持ち良く複数の敵を倒したいプレイヤーさんは、アーチャーか魔術師を選ぶのがよろしいでしょう。
どちらも体力などは戦士に劣りますが、まあ後衛に位置すればさしたる問題もありません。NPCの部隊が、初期から配置できるので利用できます。

・職業の細かい特徴は?

戦士の場合体力が大きく壁になって味方を守れると言うのは、ゲームのお約束です。このゲームでも正しく適用されていますので、戦士を選んだ場合は充分に壁になってください。ソロでクリアするダンジョンの場合、一番危険無くクリアできる職業です。
このゲームの魔術師の場合は、攻撃魔法だけでなく回復の役割も果たします。プリースト兼用と考えていいでしょう。
範囲攻撃魔法が初期から使えますので、攻撃力を上げていきさえすれば問題無く初期ダンジョンはクリア出来ます。NPC部隊を上手く利用しましょう。
そしてアーチャーですが、何しろバナー広告にも載っていない気の毒な職業です。一見攻撃力も低く体力も低く使えない職業に見えますし、実際ゲームのオープン時には使えない職業と言われてしまいました。
しかしこのアーチャーの場合、何しろクリティカルが半端なく発動します。しかも範囲で発動しますので、育て上げたら実は一番極力な職業だとも言われるようになりました。
ワールドエンド2

・最初は領地からその後天空の城へ

最初は領地とその周囲だけのクエストになりますが、後には天空の城に移動します。
ワールドエンド1
ここに移動した後は殆どがこの天空の城での行動になります。特にダンジョンなどの入り口にもなっていますので、早めのレベルアップで天空の城に到達しましょう。
勿論領地ではゲーム内マネーの産出や、迷宮などもありますのでちょくちょく出入りすることになりますが、設備などはアイコンで使用できますので1日1回の出入りで充分かもしれません。
天空の城の英雄の門と呼ばれるダンジョンは、PT用のダンジョンとして難易度も高く設定されています。また複数の人数で入らないと、解除できない仕掛けのあるステージもありますので、ここでは基本PTを組むことになります。
難易度の高いダンジョンの場合、3種の職業全部揃えることがクリアの条件とも言えますので、メンバー集めは慎重にしましょう。ギルドに入っていれば、ギルド内でPT組むのが一番いかもしれません。

・キャラのアバターや乗り物について

キャラ作成については、細かい指定はさすがに出来ません。がアバターがイベントや課金で手に入りますので、それなりに個性は作っていく事が出来ます。
また乗り物も豊富に用意されていますので、他のプレイヤーと一味違った組み合わせで自分だけのキャラクターにすることが可能です。ただし乗り物については、かなりレベルアップしてからでないと利用できないのでご注意ください。
ワールドエンド
このアバターですが勿論見た目だけではなく、それなりの効果もあります。普通のRPGの場合、スキルポイントなどでスキルが発動しますが、このゲームの場合は怒りが溜まっての発動になるので、戦闘初期の怒りの下限値を足してくれるのです。
かなり戦闘が楽になるので、アバター関係は早めに手に入れておきたいですね。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事