MMORPG
特集

2016-08-01 19:35:29

世界中が夢中になったと言うワールドエンドファンタジーをプレイ

この記事に関連するゲーム

ワールドエンドファンタジー
ついに日本上陸!全世界30か国で展開されるターン制MMORPG。新たなファンタジーの世界を創造!

世界の何億人かが夢中になったと言う、ワールドエンドファンタジーをプレイしてみました、さてどうだろう?

まず思ったのは、「何と言う正統派のファンタジー」ですね、プレイヤーは世界を救う勇者です。これが原点と言った感じのオープニングですが、するっと世界観に入れるので結構いい感じで話が進みます。

オープニングが終わって、その後キャラクター作成に入りますが、キャラの細かい設定(髪の色とか肌の色、目の形)は出来ませんので念のため。後にあれこれウエアと呼ばれるアバターなど、そこそこ特徴は出せますのでここはちょっと我慢しましょう。

ワールドエンド1

キャラクターの職業は何が強い?

戦士、魔術師、アーチャーの3種類から選びます。
スキルのコスパを考えた場合、魔術師がトップです。全体魔法のスキル発動のコスパが大変良いので、特に初期ダンジョンではかなり有利です。しかもこの魔術師、プリーストも兼ねてますので、回復も出来るのですよ。

壁としては一番なのは勿論、戦士です。

ただ初期の戦士は、スキルのコスパも良くないし、大して強くないと思われるので育成に忍耐が必要です。スキルはともかく、育成していくと最強の職業になるのでじっと我慢しましょう。

最後のアーチャーですが、一見戦闘力も高くなくHPも低いので二の足踏むところですが、クリティカルの発動が一番高い職業なので、上手く育てると戦士以上の攻撃力を発動できます。しかも全体攻撃もかなり強いので、しっかり育てると特に対人戦にはお役立ちの職業になります。

勿論と言っては何ですが、戦士以外の二つはHPがかなり低いので、中盤からの状態異常付与の多いボスには注意が必須です。

ワールドエンド3

戦闘スキルは?

全体攻撃なら魔術師、ボスの単体攻撃と前衛の壁は戦士、後衛から敵の後衛も狙えるのがアーチャー、がほぼそれぞれの職業のスキル特徴です。

このスキル、普通のゲームのスキルと違ってMP(一応設定されていますが)では無く、戦闘中に貯まっていく「怒り」が発動条件ですので、ボスに向かいつつ雑魚相手に怒りを使い切らないようにコントロールが必要です。

つまりボス前の雑魚戦で、小さい効果で怒りの貯められるスキル使うとか、通常攻撃で怒りを貯めたりしてから、ボスに向かうのが定石ですね。

兵士は持てる?

キャラクターレベルが上がって、それに応じて強い兵士が募集出来るようになります。この兵士のレベルは、キャラクターの戦闘力にも反映されますので、手抜き無しで育てるのが大事です。

ただし兵士の育成に必要な戦魂と呼ばれるエネルギーが、後半になってくると多大なものになってきますので、初期兵士の場合はダンジョン制覇できる程度にしておいて温存するのも手ですね。

他にシステムどんなものが?

対人戦の好きな人には、コロシアム(個人戦、団体戦)や戦場に加えて、回数制限はありますが自分の城の外で他の領主(プレイヤー)の城を襲うことも可能です。

また自分の畑も育てられますし、ここで育成に必要なアイテムも収穫できますので、畑の育成もお忘れなく。

後は所謂レイドボス戦も1日に何回かありますので、これに参加すると攻撃量に応じてやはり経験値や戦魂が入ります、これがかなり大きいので参加できるレベルになったらどんどん参加しましょう。

また勿論と言っては何ですが、ギルドシステムもあります、出来るだけ参加をお勧めします。ついでにお勧めしたいのは、空きがあったら大手のギルドへの参加です。

ギルド戦も実装されていますが、各サーバーとも上位6位までのギルドしか参加できないからです。

このギルド戦でのご褒美が大きいので、上位6位までのギルドへの参加試みてください。

ワールドエンド2

課金のしどころは?

課金は結構魅力的なアイテムが多いように見えますが、初期での課金はウエアがお勧めです。
乗り物などはレベル制限がありますので、続けられるかどうかわからない場合は、ステータス上昇の効果もありレベル制限なしのウエアからの課金がいいでしょう。

勿論育成に必要なアイテムも課金で手に入りますので、活用してください。

 公式ページへ

  • おすすめ特集記事