【マビノギを始める時に決めたい事】

10年以上続く古参MMORPGのマビノギではプレイヤーは「ミレシアン(星から来た者)」としてマビノギの広大な世界を冒険していく事になります。アクション性の強いリアルタイムの戦闘だけではなく、生産スキルも豊富に揃っております。そのため、自分だけのマビノギライフ(通称:マビライフ)を送る事ができるため、戦闘から離れて一人のんびりとした生産活動や他のプレイヤーが出展している露店巡りなどを楽しむ事もできます。

 

【マビノギを始めたばかりのプレイヤーのステップ1:2次パスワード】

 

【マビノギを始めたばかりのプレイヤーのステップ2:サーバー選びとキャラクターメイク】

最初にどこのサーバーで遊ぶかを決める必要があります。現在のマビノギは「タルラーク」「ルエリ」「マリー」の計3つのサーバーがありますが、サーバーによってキャラクターの能力に影響が出たりする事はありませんのでこちらはあまりこだわる必要はありません。
次にプレイするキャラクターネームを決める必要がありますが、制約として全角2~8文字、半角3~16文字までとなっており、さらに空白や@、^、¥と言った特殊な記号を使う事はできません。また、サーバー内で既に他のプレイヤーが同じ名前のキャラクターを作っていた場合も登録できません。

 

~キャラメイク:種族と年齢を決めよう!~

いよいよ本格的なキャラメイクが始まりますが、最初に種族を決める事になります。マビノギでは3つの種族があり、以下のような特徴があります。

・人間…全てのスキルを使う事が可能であり、他の種族と比べると特化したステータスにはならないがステータスバランスが良いためマビノギ初心者向け。ただし、移動速度が全種族で一番遅い。

・エルフ…人間と比べると神秘的なイメージのある耳の長い種族。弓矢のエキスパートであり、弓矢の通常攻撃では2発同時発射になる。高いIntとDex、マナ、そして全種族でもっとも足が速い種族ですが、両手武器や2刀流、重鎧が装備する事ができなかったり、Strや体力が低いため近接は苦手。

・ジャイアント…人間と比べると2倍近い大きさを誇る巨体の種族で、移動速度はエルフと人間の中間。高いStrとWill、体力を持っているので序盤から敵を蹴散らす事が簡単にできる。さらに武器として攻撃力の高い両手剣を片手剣として扱え、鈍器を2本持ちできるが、弓矢を使用する事ができず、さらにIntやマナの低さから魔法使いとしての運用は厳しい。

最初は人間を選び、ゲームに慣れてきたらエルフやジャイアントといった種族で始めて見ましょう。なお、性別によって能力差が出る事はありません。

 

~キャラメイク:年齢~

マビノギではキャラクターも歳を取るようになり、1週間で1歳増えていき、最終的には20代の姿のままとなります(年齢としては加算されていくが歳で死ぬ事はないのでご安心を)。年齢が低いほど能力値は低いですが、スキルをレベルアップさせるのに必要なAPがリアルの土曜日を迎えるたびに多く手に入るので、10歳から始める事をオススメします。

 

~キャラメイク:容姿の決定~

マビノギでは複雑なパラメータを操作して目の大きさなどを決める必要が無く、パーツを選んでキャラメイクする方式となっております。この時の注意点として、パーツの左上にPというマークがありますが、これは有料で変更できるものとなっております。
初回のキャラメイクではこのPのマークがついたパーツを選ぶ事ができますが、キャラクターを完成させてドレスルーム等で変更する場合、リアルマネーで購入する課金アイテムの「ポン」が必要になるのでご注意ください(Pが無いパーツは変更してもポンを消費しない)。初回のキャラメイクでは使い放題なのでじっくりと自分の理想とするキャラクターを作り上げましょう。

 

【キャラクターが決まったら】

キャラクターが決まったらマビノギの世界へ出発!…その前にマビノギでプレイヤーを導くNPC「ナオ」との出会いが待っております。まずは彼女の話を聞いてからマビノギの世界へ旅立ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。